20150110

miNca×角館高校生 デザインプロジェクト

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

昨年の年末近く12月23日に

美郷町の『澁谷デザイン事務所』さんの澁谷さんが

デザインに興味のある角館高校の2年生3名をインターンシップ活動で受け入れ、

実際にデザインの仕事を体験しにmiNcaへ来て頂きました。



澁谷さんの事務所でデザインのお仕事をひとしきり説明後、

実際にデザインのお仕事とはどんなものかを

『大曲の日用雑貨屋さんmiNcaデザインプロジェクト!!』と

題して体験してもらおうと連れて来てくれました。

issby1.jpg

現在お店で悩んでいる事やもっと売りたい商品、

店主はとても気に入っているがあまり売れない商品、

やろうと思っていてもやれていない事などを生徒さんに聞いてもらい、

その解決策となるデザインを高校生自身が考えてくれます。

issby2.jpg

issby3.jpg

issby5.jpg

issby4.jpg

澁谷さんにこうして現場でデザインについて指導いただける高校生たちが

羨ましくも逞しくも見えました。



どんなデザインが出来上がってくるのか楽しみに待ちわびながら

年末年始を迎え、

ついに、昨日澁谷さんとともに自ら考えたデザイン案を持って

ドキドキのmiNcaへプレゼンテーションの日を迎えます。

緊張しながらの一人づつの発表。

僕も澁谷さんもこの初々しさ加減に緊張してしまいました。




人気急上昇中の白岩焼和兵衛窯の渡邊葵さんの作品を担当してくれた高橋さん。

issby6.jpg

miNcaでの取り扱いがまだまだ浅いので、

もっと多くの人にmiNcaに葵さんのうつわがありますと周知させたいと要望。

自分でPOP作りもやろうと思っていたけれどやれていませんと

忙しくないのに忙しさをアピールして高橋さんに考えてもらいました。





miNcaオリジナル商品のmiNcaクッションを担当してくれたのは、谷口さん。

issby7.jpg

店主自身はとても良いと思っているがお客様にあまり伝わっていませんと

悩みを相談しました。

生地は希少で、中身のクッションは国産、洗えてヘタリも少なく

世界にひとつしかないクッションなはずなのに・・・と、

この良さを知って欲しいと熱望の要望。





最後は、澁谷さんがデザインしてくれたじゃねぐってシリーズ第一弾の

大曲のはなび じゃねぐって 大曲のはだぎを担当してくれたのが水谷さん。

issby8.jpg

この商品には値段も付けていなければ、説明もない。

まさしく僕の怠慢で「このままでも売れる」という自負があり、

何も手をかけておりませんでした。

そこで水谷さんにはもっと売上を伸ばしたいと要望しました。





で、どんなデザイン?と、思った皆様へ。

issby9.jpg

若きデザイナーの卵達のデザイン案はmiNcaにて即採用になりました。

2月9日までmiNcaにて使用されます。

一人一人の個性あるまっすぐなデザイン。

ぜひ、ご覧になって下さい。





ただデザインするだけではなく、

実際に店頭でそのデザインを使用して売上に変化があるかまでを

体験させたいと現場主義の澁谷先生。

このブログを書いている間にも反響は目に見えて違います。



若い時に澁谷さんの様に社会と仕事の関わり方を教えてくれる人がいれば

自分にもきっと違う選択肢があったなと感じた2日間でした。

高橋さん、谷口さん、水谷さんに澁谷さん、感謝ですありがとうございました。









デザインには『救う』が込められています。








関連記事
スポンサーサイト