20141102

あっという間に終了

[カテゴリ:佐藤の素材あるき]
[コメント:]

第四回 佐藤の素材あるき無事に終了致しました。


前日の夜、もくもくと甚治郎さんのいちじくを袋詰め。

kji1.jpg

八百屋経験が活かされた瞬間でした。


当日は朝早く起きて、設えを。

kji2.jpg

甚治郎さんのいちじくを筆頭に、

kji3.jpg

佐藤勘六商店さんの商品。

門外不出のいちじゅくジャムをこの日の為に出してくれた、

四代目佐藤玲さん、ありがとうございました!

kji4.jpg

Renさんのお菓子類、

kji5.jpg

そして、マザー食堂さんのキッシュ。

佐藤の素材あるきの為に、いちじくを使って様々な品を作っていただき感謝です。

一番驚いたのは実は、僕だったりします。

いきなりいちじくで何か作ってくださいとお願いするんですから。

そんな無理なお願い聞き入れていただき、

こんなにもステキないちじく一色にしていただいたのですから。


ですが、


これをお客様に届けてが佐藤の素材あるきの完結。

お越しいただいたたくさんの皆様ありがとうございました!

「秋田県でいちじく栽培してるなんて知らなかった」

「こんな食べ方あるなんて、やってみよー」

「いちじく初めて見ました」

などなど、

たくさんの方々と色んないちじく話ができました。

素直に素朴にまっすぐに素材を届けるコトができました。



今回来ていただいたお客様は、

「あの売っている方は誰だろう?」と思ったに違いありません。

kji6.jpg

実は、秋田県由利地域振興局の果樹担当の佐藤智則さんでした。

いちじくの普及に一役買いたいとボランティアでお手伝いいただき、

僕以上に、にかほ市大竹のいちじくを伝えてくれました。

それこそ甚治郎さんを紹介いただいた方です。

佐藤の素材新聞にもご協力いただき、ありがとうございました。



当日は来れないと言っていた甚治郎さんも

様子を見に来てくれました♪

遠くから来ていただき、感謝です!

kji7.jpg

真面目に誠実に農業一本の甚治郎さんには、

たくさん学ばせてもらいました。

地元秋田民報の取材を受ける甚治郎さん。

新聞届けます。

kji93.jpg

佐藤の素材新聞にたくさんの甚治郎さんの言葉を載せました。

ご都合つかずお越しできなかった方にも、

差し上げますのでお声掛け下さい。




第二回佐藤の素材あるきでお世話になった、

さくらんぼの細川さんも遊びに来てくれました。

そして、大竹産のいちじく苗をご購入。

kji10.jpg

今後、十文字でいちじく食べれそうな予感。

ありがとうございました。



そして、なんと第三回佐藤の素材あるきの東成瀬すみれファームの

佐々木ご夫妻もお立ち寄りいただきました。

(写真撮り忘れたので拝借)

sf15.jpg

いや~最後まで嬉しい一日でした。



そしてそして、佐藤の素材あるきのチラシ及び新聞のデザインと

全体的な面倒を見てもらってくれている『澁谷デザイン事務所』の

最近ご結婚した澁谷ご夫妻も来てくれました。

kji8.jpg

この日の為に胸元にはいちじくのブローチ。

ありがとう、今回も大成功でした。



素材をとおしてお客様も含め様々なつながりができます。

感謝してもしきれません。

慢心せずに次回も佐藤の素材あるきを頑張りますので、

お楽しみに遊びに来てください。








佐藤の素材あるきには『輪』が込められています。







関連記事
スポンサーサイト