20131221

呑むは、酒

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

Facebookで友達になっているお客様で、

miNcaで酒器を購入いただいては、毎日の晩酌の様子を更新してくれているのですが

あまりの素晴らしさに、ぜひお知らせしたいと懇願し写真を拝借致しました。

日本酒を愛する若き秋田男子の方でございます。

ig4.jpg
大仙市広報の「大仙の逸品」にて『清水康孝』さんの

秋田杉桶樽のコップを掲載された時に購入いただいた時から始まります。

ig13.jpg

ig14.jpg

そして、いつもワンちゃんも一緒です。

さらには、このカーペットの色違いを店主も使っています。

ig9.jpg

この、

ig12.jpg

愛くるしい、

ig11.jpg

カメラ目線がたまりません。

ig1.jpg

白海鼠釉の楢岡焼、片口も登場となります。

ig5.jpg

カメラ目線は、外しません。

ig17.jpg

よく「片口って、どう使うんですか?」と聞かれます。

ig7.jpg

このように、ご使用下さいね。

ig3.jpg

今が旬のハタハタ!

ここからは酒の肴も出てくるのですが、

楢岡焼の白海鼠釉、小判皿もご使用してくれています。

ig6.jpg

これを見て、カマボコもつまみになるなと店主も真似します。

ig16.jpg

寒くなると『新潟県燕市の銅器』、

二重構造のぐいのみも購入いただきました。

このおでん、美味しそうでございます。

ig10.jpg

こちらは、廃番になった銅器の冷酒杯も登場。

ig8.jpg

にごり酒には、黒の粉引。

会津本郷焼のフリーカップもお出まし。

酒の色を酒器で愉しむ、上級です。

ig2.jpg

ig15.jpg

第三回佐藤の素材あるき』にもお越しいただき、

東成瀬すみれファームさんのしいたけも購入いただけました。

そして、さっそく夜には酒の肴に。

ありがたいことでございます。



こうして、毎日の晩酌に使われていると思うと嬉しいです。

暮らしに欠かせないモノ、一日の疲れを癒す道具の一つとして活躍しているコト。

miNcaのモノって、こうゆうコトってわかってもらえているのに

感動して、

僕の酒はもっと美味しくなります。

ありがとうございました。

お互いに飲みすぎには気を付けましょうね。









秋田には『酒呑み』が込められています。







関連記事
スポンサーサイト