20131125

100年間無農薬の手つむぎタオル

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

これまで一度も化学肥料・農薬を使用したことのない中国山東省の綿畑で、

手つむぎタオルに使用される綿は栽培されています。

この畑で農耕機械も一切使わずに丁寧に手作業で育てられた綿花から糸がつむがれます。

gm1.jpg

中国の山東省内陸地にある一面の綿畑。

現地では、一度も農薬や化学肥料を使ったことがありません。

だから化学肥料や農薬の残留物も当然ありません。

一度も近代農業をしたことがなく、農耕機械は存在しません。

使うものは鍬や鎌などの人の手で扱う道具のみ。

その方法でしか栽培をしたことがない場所なのです。

gm001.jpg

畑を鍬で耕し、有機肥料のみを使用しながら育て、

害虫予防、綿花の採取も全て手作業です。

白い花は咲いて1~2日で落ち、その後すぐにコットンボールを含んだ実が成熟し始めます。

手摘みされたコットンボールは薬剤にも浸けず、手作業で種を取り除かれ、

漂白もしていません。

gm002.jpg

薬剤に浸けたりなどもしません。

手作業で種を取り除いたコットンボールを糸車を使って糸にしていきます。

gm003.jpg

指先の感覚だけを頼りに番手(太さ)を調整して手でつむいでいくので、

熟練の職人が丸一日休みなく作業しても200g程度しか生成できない大変貴重な糸です。

gm004.jpg

機械や薬品を使っていないので細かな繊維を多く含んだ状態で糸になっているため、

とても柔らかくふんわりとした仕上がりです。

gm005.jpg

一般的なタオルの1.5倍以上の高い吸水性を持っています。

表面はふんわりとしていますが、中心は撚りがしっかりとしているので、

洗う度に表面の短い繊維は落ちていきますが、

芯は丈夫で使いこむ程に締まっていきます。

ボディタオルを10年以上使用されたという事例もあるほどで長期間使用できます。

gm006.jpg

さらに、手織りの織り機で生地を織りだしているため、独特の風合いと使い心地も魅力です。

お肌の弱い方には、

手つむぎ糸の特徴である凹凸が摩擦効果を生むので、石けんを使わずに汚れを落とすので

安心してお使い頂けますよ。


中国と聞くと・・

近年では模倣品ばかり、危険な原料が使われている・・など注目されがちですが、

近代的な建物が並ぶ街ではなく、果てしなく続く農村地帯の綿。

昔から今までそれしか知らない、それだけを続けてきた、

ありのままの自然な方法で栽培されている、そんな畑がまだまだ沢山あるのです。


ボディタオル(23×95cm)とベビー用ボディタオル(20×22cm)の

2種類入荷しております。










大地の恵みには『人の手』が込められています。








関連記事
スポンサーサイト