20130921

燕市の銅器

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

新潟県燕市で生産されている純銅器が入荷となりました。

tsubame-d1.jpg
ビール好きの方、お待たせ致しました。

銅のビアカップは、ビールを注ぐと器自体がすぐにビールと同じ温度まで下がり

その冷たさを維持します。

注いだまま15分放置しても低温を保ち、飲み頃の冷たさと泡もキープ。

ご自宅で美味しいビールにちょっとした贅沢感もついてきますよ。


tsubame-d2.jpg
銅のフリーマグ。(取っ手は真鍮です)

コーヒーや紅茶、ウィスキーや焼酎をロックでもお使いいただけます。

使い込むほどに味が出るのも銅器の魅力です。


tsubame-d3.jpg
鎚目が無いシンプルなマグカップです。

先日、某バーのマスターに、

「モスコミュールは銅のマグに注いで飲むのが本当なんです」

と、教えていただきました。

想像して下さい・・・キンキンに冷えたモスコミュールにライムを添えて。

BARに行きたくなるコト、この上ないでしょう。



tsubame-d4.jpg
日本酒好きの皆様にもございますので、ご安心を。

冷酒杯とぐいのみです。

ブロンズ仕上げになっているので、渋い印象です。

ぐいのみは2重構造になっていますので、手に持てる温度のぬる燗でキュッと。



銅器は、銅イオンの優れた殺菌力で衛生的にお使いいただけます。

料理のプロが銅器を使う理由は、この他にも理由がございます。

熱伝導率が非常に良く、すばやく均一に熱を伝えるコトができます。

つまり食材にムラなく火が通るので、美味しさが他の素材よりも一層引き立つのです。

そして、人間は銅を摂取しないとダメな生き物です。

様々な食品に銅は含まれていますが、毎日の摂取は難しいのです。
(銅摂取量の目安:大人1日平均2~5mg ・小麦粉やそば1kgで銅含有量7.3mg)

銅素材の調理器具や食器を使うと必要な銅を無理なく摂取できます。











銅には『常に最先端』が込められています。










関連記事
スポンサーサイト