20130917

まちゼミ

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

本日、miNcaのまちゼミ「丁寧な暮らしにつながる道具選び」が

無事終わりました。

※まちゼミとは・・・大曲駅前周辺のお店が講師となって、プロならではの
          専門的な知識や情報を皆様にご提供するゼミナールです。


miNcaのまちゼミを受講されるお客様には、

持ち物としてお気に入りの生活道具を持ってきてもらう様にしています。

私のお話し終了後に、お一人づつ気に入っている理由と普段の使い方を

お話してもらいました。

matizemi5.jpg
お一人目は、樺細工のお箸でした。

こちらは自分で購入したものではなく、ご自宅に眠っていたお箸。

使っていく内に、どんどんと手に馴染み、愛着もひとしおとの事。

ご自宅にも頂いたモノや使われずにしまってあるモノがあると思います。

ご購入前に一度、収納棚や物置を思い出してみましょう。

思わぬお宝が眠っている時がありますよ。



matizemi6.jpg
お二人目の方は、二つ持ってきてくれました、まずは樺細工の小物入れ。

中の仕切りを外し、花瓶を入れて季節に合わせてお花を飾っているそうです。

本来とは違う使い方、

こうゆうコトが暮らしに潤いと豊かさを与えてくれると思います。

もう一つは、和装はきもの・小物加藤さんで購入した風呂敷でした。
matizemi7.jpg
一枚に四っつの柄があるタイプでした。

包むモノにより、色々な表情を楽しめます。

たたみ方によっては、ちょっとした敷物に早変わりでとても重宝のご様子。

日々の暮らしの彩り、急な来客時にもてなしの演出など一枚あると大活躍ですね。



matizemi8.jpg
最後の方は、マグカップ。

こちらは、某ドーナツ屋さんの景品だそうです。

お気に入りの理由は、見ての通りどこを見てもスヌーピーだらけ。

スヌーピー好きには、たまらないわけです。

手にすっぽりと包み込めるサイズ感もその理由。

この時に皆さんで盛り上がったのは、「景品の方が使いやすかったりする」というコト。

限定なだけで特別感もありますが、日常が楽しくなるのが一番です。

娘さんはウッドストックの柄をご使用だそうで、

二人仲良くお茶をしている姿が浮かびました。


普段の暮らしのご様子と道具へのこだわりも聞けて、

こちらも勉強になりました。

ご参加ありがとうございました。







まちゼミには『つながり』が込められています。








関連記事
スポンサーサイト