20130812

日本カップ酒紀行

[カテゴリ:カップ酒]
[コメント:]

「もしかして、もう持ってます?」

この言葉を言われた時のドキドキ感。

そして、お客様がバッグからそっと取り出すドキドキ感。

「それ無いです!」

と言った時の、お互いの笑顔。

お客様とキモチが通じ合うこの瞬間が、酒を飲むよりたまらなくなってきたこの企画。


前回、カップ酒をためにためての更新でしたので、

ダブりのお客様が結構いらっしゃいました。

ごめんなさいです。

ですので、今回は早めの更新です。



飛騨高山から金沢へ旅行へ行ってきたお客様からでした。

もしかして久寿玉?!と思ったのですが、 →『その時のブログ

違う絵柄のモノでした。

ブログをチェックしてくださっていて源氏香図のカップ酒は、

知っていてくれました。さすがです!

岐阜県高山市、平瀬酒造店さんの手造り純米清酒久寿玉。

kusudama2.jpg

さるぼぼ柄がとても可愛いです。

黒い腹掛けには「高山」と「久寿玉」とあります。

さるぼぼとは、飛騨高山など飛騨地方で昔から作られる人形だそうです。

ありがとうございました、miNca割引券進呈でした。

このお客様と同じルートで私も行きたい場所です。

まずはお酒で行った気分を♪



山形県から仙台へ抜ける山寺付近で見つけて来てくれたそうです。

山形市、秀鳳酒造場の清酒カップ秀鳳。

syuuhou.jpg

さくらんぼ柄です。

絶対に山形にはあると思っていたのですが、やはりありました。

良く見ると一周ぜんぶさくらんぼのデザインが違うんです!

ありがとうございました、miNca割引券進呈でした。



北海道の旭山動物園に遊びに行かれたお客様からでした。

旭川市、高砂酒造株式会社の純米酒「ずZOOっと旭山」。

asahiyama.jpg

ひとつのカップにたくさんの動物が描かれております。

実は「海・山・森」をコンセプトに3柄あるそうです。

問題はこれが山なのか?森なのか?です。

調べてもわかりませんでした。わかる方は、ぜひ教えて下さいー。

こうなるともう2種類欲しくなるのが、私の性です。

行きたい旭山動物園!

miNca割引券進呈でした、ありがとうございました。








日本カップ酒紀行には『行った気分』が込められています。







関連記事
スポンサーサイト