20130804

必要なモノはつくる

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

私の使っている財布が、そろそろ限界に達してきてしまい

買い換えようか悩んでいたのですが

今の自分が欲している財布は

どんなモノかもわからずにいました。

そんな時にステキな財布を持っているお客様と連続してお会いしました。→『くるみと山ぶどう

ybw1.jpg

とても細かい網代編みのヤマブドウでした。

山形県で購入されたそうで、とても良い色に育っておりました。

私も「コレッ!」と思い、

お客さんにお聞きしたのですが・・

この作り手のおばあちゃんは、目が悪くなり今では編んでおられないそうです。


その後、あれほどの良い編み手さんのモノを見てしまったので、

他で見つけても買う気がおきません。


どうしよう・・・

「そうだ!自分で編もう!」という結論に達しました。

下手くそでもいいから、自分で作ったモノなら愛着が湧くだろうと思ったのです。

そして、蔓細工に興味のある若い農家さんがいらっしゃるので

お声を掛けて、一緒に採取に行くコトから始めました。

この方はとても山に詳しく、熊に対するイメージトレーニングも出来ていたので

安心でした。

ybw2.jpg

いざ山へ。

二人で何度も採っている最中に話したのですが、

何でヤマブドウの値段が高いのかようやくわかりました。

採取の時期もあるのですが、まず難儀です。

見つけるまでも大変ですし、道なき山道を登るのもこれまた重労働です。

私は運動不足なので、汗だくの息切れ激しくメガネも曇りっぱなしでした。

何はともあれ、今年のヤマブドウ採りは熊に出会うこともなく無事に終了しました。

今では乾燥も終わり、冬の間にゆっくり編もうと思います。


お盆が過ぎたら今度は、アケビの蔓を採りに行こうと思っています。

暮らしに必要なために生まれた蔓細工。

どんどんと編める方が減ってきています。

まずは、自分が必要なモノから作っていきたいと思っています。

今はまだ売り物になるかではなく、すべての工程を覚えて自分のモノにしたいです。

書き残したことはたくさんあるので、

また、蔓細工に関してはブログに書いていきます。








ヤマブドウには『引っ張れない』が込められています。


















関連記事
スポンサーサイト