20130427

アンティーク

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

な椅子が最近どうも好きなmiNca店主です。

2月に椅子の張替えを頼まれましたが、

お選びいただいた生地が4月にならないと入荷にならず、

お持ちいただている期間miNcaに置いてあったのですが、

「その椅子いくらですか?」とたくさんのお客様に聞かれました。

kme1.jpg

生地が切れていても大切にされていたのは伝わるんだなぁと感心しました。

今回のこの椅子は、結構古いもので座面の中はワラとスプリングでした。

スプリングは倒れて本来と違う位置に、ワラもところどころ抜け落ちていました。


最初は、全て抜き取って新しいウレタンを入れるしかないかなと思っていたら、

職人さんは「何でも捨てればいいもんじゃない」と粋なことを!

スプリングはまだ使えるし、この部材+ウレタンでいこうとなりました。

kme3.jpg

お選びいただいた生地もバシっと鋲打ちが決まり納品。

本来の座り心地に戻った椅子は、キチンと腰まわりがフィットして抜群。

お茶屋さんのカウンター裏で大事に使われていた椅子。



お待ちいただいた長い期間、ご不便お掛け致しました。

これから永い間またお仕事をご一緒に。

kme4.jpg










アンティークには『惹かれる』が込められています。








関連記事
スポンサーサイト