20130406

日本カップ酒紀行

[カテゴリ:カップ酒]
[コメント:]

だいぶご無沙汰してしまいました。

皆様、良い週末をお過ごしでしょうか?

小生は「お買い物は週末までに」とTVで聞き、

これから訪れるであろう暴風雨とダブルにビビリながらの日々を過ごしております。



しかし、

こんな日もこれさえあれば乗り切れる!

カップ酒でございます。

hiraizumi.jpg
にかほ市の飛良泉本舗のヒライズミカップです。

堂々の200mlです。

実はつい最近、これを自分で見つけたのですが、

その時の所持金153円の僕には買えず・・・

お客さんが持ってきてくれるだろうと甘えたばかりでしたのでびっくり。

未収集でしたのでmiNca割引券進呈でした。



hideyosi.jpg
お次は大仙市の鈴木酒造店の秀よしでございます。

この瓶タイプはまだ2つ目です。

カップ酒ではないのですが一合入りは収集条件にいれてありますので

miNca割引券進呈でした。



今回はお一人様でのお持ち込みでした。

由利本荘に行った際に「そういえば由利政宗の齋彌酒造さんがある」と

わざわざ行ってくれたそうなのですが、

ガラス印刷タイプのカップ酒は無く帰られたそうなのですが・・・

なんと後日、齋彌酒造店さんからお客様宛に送られてきたそうなのです!

それがこちら!
saiya.jpg
今では廃番で生産されていないカップ酒なのです。

さすが雪の茅舎です。

由利の政宗です。

この心配りが酒造りの男です。

ありがとうございます。

お客様も酒蔵様にも感謝です!



いいお話しのあとに申し訳ございませんが

齋彌酒造店さんに謝らなければいけないことがあります。

今から3~4年前に秋田市のセリオンで新酒の販売をしていた時なのですが、

3,150円以上のお酒を買ったらもらえる、

酒道具が描かれたオリジナル手ぬぐいが欲しくて、

所持金が足りずに粘りに粘りカップ酒3個買って手ぬぐいをもらったのは僕です。

ごめんなさい!!

そして、販売してたおじさんありがとうございました!

僕の中で齋彌酒造店さんは抜群にトップ独走中です。











酒には『オトコ』が込められているんです。



















関連記事
スポンサーサイト