20130324

miNca リペア

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

この冬に集めた秋田木工の剣持スツール(通称)。

re kms1

春から修理して販売するためです。

座面が無いのやら、取り付けボルトが欠落しているもの、

座面の合板が真っ二つのやら、どうにもならないものまでいろいろです。

以前リペアしたものは、まさかの2日で完売。 その時のブログ→『リペア


忙しさにかまけて店内の隅に置いていたらなんと2脚注文が!

店主  「お渡しは僕の時間がある時にちょっとずつ手をかけるので・・」

お客様 「待ちますから、いつでもいいですよ」

なんともご理解あるお言葉♪

そうして、一緒に椅子張り生地選び。

お一人は布地をご所望で縦糸と横糸の色が違う黄色の生地でした。

fy.jpg

この生地がちゃんと似合うように手をかけますので、気長にお待ちください!




もうお一人は、お年を召した方でした。

お客様 「これ捨てるの?」

店主  「修理して売ろうかと・・」

お客様 「まぁステキ!今の若い人は何でも捨てて物を大切にしない、

     買い換えればいいと思ってるんですもの」

店主  「でも、これキレイにならないかもしれません・・」

お客様 「どこの誰が使ったかわからないけど、ここまで味が出るまで使ったんだもの

     次に私が使えるなんて、そんな光栄な事はないわ」


ここまで言われてしまったら、チカラの入り方が違います。

まずは張り地選び。

お孫さんが汚すだろうということでレザーで。

lyg.jpg

お客様 「塗装はある程度でいいわよ」

店主  「いいんですか?」

お客様 「これだけの歴史、消すのもったいないでしょ♪」

店主  「おっしゃるとおりです、そして、僕の手間も省けます!」

お客様・店主 「笑×2」






repair.jpg

もう少しあたたかくなったら丁寧にリペアしますので、楽しみにお待ち下さい。



現在、もう2脚ご予約承ります。

仕上がりは僕次第ですので「待てる」をご了解いただける方で!

ご予約ない場合は、店主独断で生地を張ってしまいますのでお早めに。











リペアには『歴史』が込められています。










関連記事
スポンサーサイト