20130210

酸いもアマイも噛み分ける

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

昨日、着物カフェが和装はきもの・小物 加藤さんでありました。

来てくれるかな?と期待していると来ていただきました。

大曲にこういったイベントがあると、

miNcaにお寄りいただけるのがありがたいです。

kc2.jpg
2月はバレンタインという事で、

帯はポッキー柄、手ぬぐいはとても素敵なケーキ柄、

首元はマーブルチョコ?!のコーディネート。

見てるだけで甘いです♪

この時にお菓子を頂戴した際、甘いものを期待していたのですが、

汗が噴出する辛さでした。

もっと辛い思いをしなさいよという意味ではなく、

お酒のお供にとのお気遣いでした。

ごちそうさまでした。



甘さだけではなく、先日はこのようなお着物の時もございました。
kcp1.jpg
かつお縞のお着物。

この日は、パッと見落ち着いてるなと思ったのが間違いでした。

羽織の裏地は、麻雀牌。

この遊び心、見習わないと。
kcp2.jpg
足元はアザラシの毛皮。

アザラシの毛皮には油分があり撥水効果があるそうです。
kcp3.jpg
とてもあたたかそうでした。

エスキモーの人々も着てますものね。



つい先日は、別のお客様にお手製のコートを見せていただきました。
kkc1.jpg
古いウールのお着物をコートにご自分でお直ししたとのこと。

生地が足りないところは剥いだんですと見せてくれましたが、

ちゃんと柄が合っています。
kkc2.jpg
帯は銀座結び、響きがいいです。

絞り柄で小川を表現しています。
kkc4.jpg
雪下駄のつまかわは外せると思っていなかったので、

「天気の良い日は外して履いています」と教えていただきました。
kkc3.jpg

どちらのお客様も、

見ていて思うのは「気持ちいい」です。

自分があるというコト、

貫ける強さとご自身の想いに誠実なコト。

miNca店主には見習うべきコトがたくさんです。












噛み分けるには『意識』が込められています。










関連記事
スポンサーサイト