20130120

日本ワンカップ紀行

[カテゴリ:カップ酒]
[コメント:]

自分にありがたいこの企画、

またまた、お持込みいただきました。

ありがとうございました。

群馬県館林市の分福酒造株式会社の分福正宗。
bunbuku1.jpg
日本昔ばなし風なタッチがいいです。

miNca割引券進呈でした。
bunbuku2.jpg
たまたまワンカップをレジ横に置いていたら

常連のお客様がタヌキの絵を見て

「製造は群馬の館林でしょ?」

分福茶釜は群馬県館林市の茂林寺に伝わる伝説だそうで、

この絵の情報だけでわかるなんて羨ましいです。

僕もそんな店主になりたいと思いながら、

茶釜タヌキの見世物小屋のように、

繁盛を祈願して一杯やります。








ワンカップには『思考の回復』が込められています。








関連記事
スポンサーサイト