20121128

日本ワンカップ紀行

[カテゴリ:カップ酒]
[コメント:]

おまたせ致しました。

久しぶりに日本ワンカップ紀行の更新です。

7月からたまっていました。

皆様のお力で収集が続いております。

nwk1.jpg
7月中旬頃に湯沢市と羽後町のステキカップルさんより、出羽の富士。

羽後町の酒屋さんで見つけてくれた一品。

由利本荘市矢島町の佐藤酒造店です。

蓋が無いのはとっくの昔に飲ませてもらいました。

コレクションに無いのでmiNca割引券進呈でした。



nwk2.jpgnwk3.jpg
miNca1周年のプレゼントで大曲駅前の『RUSH BAR』様より頂いたワンカップ。

木曽の酒、七笑。

本当は8本ほど頂いたのですが、ガラス印刷タイプはこちらのみでした。

これも蓋が無いのはとっくに飲んでしまいました。

美味しかったです。



nwk4.jpg
お盆に帰省中の同級生が持ってきてくれました。

岐阜県高山市の平瀬酒造店の久寿玉(くすだま)。

こちらの柄は源氏香図かな?と自信がなく平瀬酒造店さんにお電話しました。

「自称ワンカップ収集家ですが・・」とお話を聞くと

やっぱり源氏香の図。

45~50年前から包装紙の柄として採用されており、

香の香りを楽しむように日本酒の芳醇な香りを楽しんでいただければとワンカップにも・・と

お忙しい最中に親切にご対応していただきありがとうございました。

撮影後、美味しくいただきました。

西日本のワンカップは同級生C子さんにまかせますので

今後共収集お願い致します。miNca割引券進呈でした。



nwk5.jpg
9月に仕入れに福島県に行った際に見つけました。

下郷村のお土産屋さんに寄ったところ遭遇。

こういう旅の時はいつもワンカップの事が頭にないのですが

お土産を買う時にレジ横にありました。

会津酒造株式会社の金紋会津。

民家柄がとてもよろしいです。



nwk6.jpgnwk7.jpg
青森から届いたこけし柄のワンカップ。

持っているかもしれませんが・・とお客様。

持っていません、こんな可愛いワンカップというわけで割引券進呈でした。

様々なこけしが一周ぐるりと囲んでおります。

青森県弘前市の六花酒造株式会社のワンカップ。

飲んだあとの用途が楽しみなカップです。



nwk8.jpgnwk9.jpgnwk10.jpg
これは仕入れの帰りに鳴子温泉を通った時に見つけたワンカップ。

すでに飲んでしまい、蓋もなく

どこの酒造店のものかわかりません・・

旨かったのは覚えてますが・・

わかる方はコメント欄にお願い致します。



nwk11.jpg
これも仕入れ時に見つけました。

宮城県加美郡加美町の田中酒造店の真鶴(まなつる)。

蓋がないのはお察しの通り、飲み終わっております・・



nwk12.jpg
これは先週、お客様から頂きました。

熊本への旅行で見つけてくれたそうです。

初九州の使者でございます。

ありがたや、ありがたやです。

熊本で今人気のご当地キャラクターと言えば・・若干見えてますが

そうですこちらです。
nwk13.jpgnwk14.jpg
くまモンがガラス印刷されています。

可愛すぎる「瑞鷹 くまもとカップ180ml」。(くまモンカップだそうです)

熊本県熊本市の瑞鷹株式会社。

一見、日本酒には見えないワンカップ。

日本酒ばなれの若者には飲んで欲しいものです。

間違いなしのmiNca割引券進呈でございました。


引き続き、お客様に頼りまくる「日本ワンカップ紀行」は継続中ですので

旅や出張の際は頭の片隅にワンカップをお忘れなく。


※私が収集しているのはガラスに印刷されたものです。紙ラベルやPP素材ラベルの

持ち込みは割引券が発生しませんが、ありがたく頂戴できる心は持ち合わせていますので

持ち込みは歓迎でございます。よろしくお願い申し上げます。







ワンカップには『デザイン』が込められています。






関連記事
スポンサーサイト