20121015

あけび

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

今季のあけび蔓の編み方がそろそろ始まる頃です。

またこの冬の制作のお願いと

夏に頂いたご注文を伝えに行ってきました。

農業も一段落し、あとは片付け終わったら編むからねと言った目線の先に・・
sk1.jpg
ずらずら~っとぶらーん。
sk2.jpg
裏にもぶら~ん。

農作業の合間に採り集めたあけび蔓です。

まだまだこの他にも小屋の中にもぶら下がっていました。

この冬に編む分は採り終り、乾燥を待つばかりです。

この作業が大切で曲がった蔓も重力には敵わず真っ直ぐになるそうです。


こちらは、縁や持ち手に巻く為に半分に割いたもの。

蔓の中は真っ白です。
sk3.jpg
採りたてが一番きれいに半分に切れるそうです。

ずっと小刀みたいなもので切っていると思っていたのが、

やり方を聞いてビックリ。

割れ目を入れて片方を口に噛み、

ツーと引っ張っていけば切れると言うのです。

そんなのウソだと思い、

「僕がやってもキレイに切れますか」と聞くと「無理だ」と即答。

やっぱり。

つまり、引っ張りながら太さを均等に保つために指先で

調節しながら割いていくのです。

僕がやったら太くなったり細くなったり、

15cmくらいで切れて即終了と言うわけです。

割けるチーズみたいにはいかないと言う事でした。



この冬、僕は時間を見て編み方を教わる約束をしています。

ただ行って、ただで教わるのは違うなと感じるので

編む蔓は自分で採る!と決めていて

乾燥させた蔓を持って教えてもらおうと思います。

どれだけ蔓採りと編むまでの工程が大変かを実践で学びたい。

それが出来たらきっと今より伝えられるコトがあると思います。

本当は山に行く楽しみが勝っているのですが・・







たまたま、今日のこのタイミングで

春にmiNcaで購入頂いたあけび蔓カゴ・・
fas.jpg
秋冬仕様に変身していました。

ご自分でお作りになったそうで、冬も持ちたいと考えてくれて

作られたんだなぁと思うと嬉しくなりました。

これで風邪ひきませんね。

今季もmiNca別注あけび蔓細工をお楽しみに。






あけびには『実と美と種』が込められています。






関連記事
スポンサーサイト