20121012

届ける

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

先月のお話しですが「だいせん日和」9月号に“大仙の逸品”として

当店の『漆花sicca』を取材に来て頂き、掲載してもらいました。
daisenbiyori.jpg
こちらは読者プレゼントも兼ねており、

一昨日「当選者が決まりました、70代の女性の方です」と

市役所の担当の方が来てくれました。

郵送手続きしようかなと住所を見たら帰り道ではないか。

どんな方が当選したのか?

そうだ!直接届けようと思い直し、忘れない様にレジ横に置いて閉店を待つ。



もう七時と言ったら真っ暗なので

郵送にすれば良かったかなと思いつつも呼び鈴を・・

出てこない・・

あ~郵送だったなと思いながら

もう一度、ピンポ~ン。

しばらくして風除室の電気が点灯。

玄関ドアのすりガラス越しに女性の声で

「お風呂上りで・・・」と聞こえてきた。

「どちら様でしょうか?」と戸が開く。

「おめでとうございます!だいせん日和の読者プレゼント当選です!」

浴衣姿の髪もまだ乾ききっていない湯上り美人の女性は

手で口を覆い驚いている様子。

ひと呼吸おいて、

「今日誕生日なんです・・嬉しーい」

「今日の最後にこんなプレゼントが・・・」


まったくの偶然でサプライズプレゼントになってしまい

市の方の報告が前の日もしくは次の日だったら、

郵送していたら、

もう一度呼び鈴を鳴らさなかったら・・

などと頭をよぎりつつも

喜んでいるお顔を見ながらお話ししていると

僕もとっても嬉しかったです。



そして帰り道、

「場所に届けるんじゃない、人に届けるんだ」byヤ〇ト運輸

と思ったのはまぎれも無く必然である。






届けるには『モノではなくココロ』が込められています。








関連記事
スポンサーサイト