------

[カテゴリ:スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120929

特産品

[カテゴリ:個人的なこと]
[コメント:]

昨日は、お店をお休みして申し訳ございませんでした。

「第32回秋田県特産品開発コンクール」の審査員と言う

大役を仰せつかり、行ってまいりました。

県内で小売りをしている立場から流通や消費者に一番近い点で審査をとの依頼。

なぜ、僕が?と思いましたがこれも経験だと即快諾。

高校の選択科目で流通経済を選択はしたが、何一つ覚えていないぞというココロ

は隠し、度胸で勝負。



今回からは、加工食品部門と民工芸品部門ごとの審査。

当然僕は民工芸品を担当しました。

思ってた以上に応募は少なく、加工食品の3分の1程度。


ウソを書いてもしょうがないので正直に。

決して今回の応募作品に対しての誹謗中傷や悪口ではない事をご理解下さい。

miNca店主個人の感想であり、審査員全ての思いではありません。

そして、僕がこんな事を言うのは大変おこがましいですが記します。



伝統工芸品・美術工芸品・お土産物がごっちゃになっていて

特産品とは何だ?と感じてしまいました。

食品であればわかりやすいですが、とても審査が難しかったのです。

秋田杉を使っていたり、なまはげなどの絵柄があれば秋田のモノと

わかりますが、素材やデザインに秋田は関係なく秋田で作っているモノ

販売価格も何百円から何十万円もするモノ、

技術も卓越した技から機械や設備があれば簡単に作れるモノなどなど

これが悪いと言うのではなく

採点基準を自分で見極めるのが大変困難でした。

ですが審査委員長のもと、全員一致で賞は決まりました。



告知の仕方なのかはわかりませんが、県内の企業・工房・作家

地場の生産組合などの素晴らしい商品がほとんど無かったのです。

本当は、県内各地の名立たる伝統工芸品を圧倒的に追い越すような

新たな特産品に出会えると期待していたのですが・・・


自分にとって特産品とは

来年には作れなくなるお歳の人のモノではなく

何十年も安定した供給が出来て

価格でもなく

ましてや技術でもなく

色んな人が真似しても切磋琢磨し合いながら

辞める人もいて当然、残っていける

続けていけるモノであり

今ある伝統に則した商品開発でもなく

新しい商品が必要だと感じました。

そして、売れるモノでなければならないし

消費者の喜びにつながるものを産み出し、

その地域や秋田を豊かに出来得るモノでもなければならない。

この時点で自分の中でもぼやっとしていますが、

まぁそれがわかれば自分で応募しますが・・

もっと県内からたくさんの応募が必要だし、発掘も必要だと感じます。

ジャンル分けはないのでどんな分野からも出てきて欲しいと思います。



例えば「ブランドの秋田杉を使い商品化しました。」

どうして秋田杉じゃなければいけないのか?

素材としての杉のデメリットはたくさんあります。

商品によっては不向きなモノも良く見かけます。

そういった事にこだわらない新たな特産品を開発して欲しいと思います。

審査員にはデザインや歴史、工芸、民芸、クラフトや流通、機能性や実用性など

あらゆる分野の学識者・プロがいるのでまちがいない審査はしてくれます。

特産品にしたい思いがあれば応募して欲しいのです。


こんな生意気な事を言ったのは、

加工食品と比べて歴然たる差があり

こんな僕でもこのままでは民工芸品部門はダメだと思ったのです。

言ったからにはキチンと動きます。

皆さんと連携し、秋田の民工芸の特産品という意識を共通のモノに

しなければいけないし、変えたいのです。

この思いは来年、審査員に任命されなくともそう思ったのです。

tokusanhin.jpg





秋田県の特産品には『眠っています』が込められています。





関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。