20120912

椅子の張替え

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

去年の10月頃に遠方より椅子の張替えのお見積りの

お問い合わせがありました。

画像付きメールで寸法も記載されており、

スムーズに進み、金額を伝えご検討いただいてからの

注文でしたが、以後ご連絡をもらえずにいました。

なので、買い換えたんだろうと思っていましたが

今年のお盆頃に「遅くなりました」と椅子を持って

何とお店に来てくれました。
pc1.jpg
ピアノ椅子でした。

だいぶクッション性も無くなりへたっていて

レザーも使い込まれ裏地のメリヤスが見えています。


ご自分で使用していたピアノを子供にも弾かせたい。

大事に使っていたモノを直して次世代に渡す、

この想いを良い仕事につなげなけりゃいかんと

お部屋の家具や床や壁のお色などを聞いて

一緒にレザーの種類と色選び。

それから職人さんとウレタンの硬さや下地の交換、

ボタンの取付などをしっかり打ち合わせ。


そして、ばっちり決まりました。
pc2.jpg
フカフカ度良し。見た目も良し。座り心地良し。

あとは、ピアノの前での弾き心地を確認してもらえばOK。

明日は納品に行ってきます。



ついでに・・

この張替えに合わせ私物の秋田木工のスツールも張り替えました。
aks1.jpg
言わずと知れた剣持デザイン研究所が1958年に銀座・松屋の

「アパート生活展」に出品後量産。

累計で100万脚以上で日本一の販売量を誇ります。

これは、某高校で使っていたのを頂きました。

重ねられたままで放置の為、レザーはひび割れ

クッション性もゼロ。

いつか何かに使うだろうとこのタイミングで

お店のディスプレイと商品の陳列台として使おうと張り替えました。
aks2.jpg
完璧に生き返りました。

木部は不特定多数の生徒がぶつけたり、蹴ったりで味が出ているのでそのまま。

この剣持勇デザインのスツールは

きっと県内の学校やお宅にも眠っていると思います。

良く目にします。

見つけたら張替えはmiNcaへどうぞ。

どんな家でもすこぶる相性がいいのです。

座り心地は販売量を見れば一目瞭然です。
aks3.jpg
一番の特徴はスタッキングです。

重ねることによって狭い空間でも邪魔にならずに作業が出来ます。

そして、こちらは販売してませんのであしからず・・




椅子の張替えには「親から子へ」が込められています。




関連記事
スポンサーサイト