20120908

永く付き合う

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

今日は和装はきもの・小物 加藤さんで

キモノカフェ Vol.3』があり、

そのようなイベントの時には必ず寄ってくれるお客様。
stk1.jpg
カラーが秋です。自分も薄い、淡いピンクが好きなので

夏のmiNcaつなぎの刺繍はピンクにしました。
stk2.jpg
帯の間からピロッと出しているシルクがポイントです。

やっぱり聞いてしまいました。
stk3.jpg
近くで見るとピンクと茶色の境目に青と緑があるんです。

右のみに蝶。履く時に左右を間違えないそうです。確かに。

下駄のナイロンコーティングされた柄を皆様に見せられないのが残念。

遠目に蛇かなと思いましたが違いました。
stk4.jpg
持ち物もキチンと風呂敷で包んで持ち歩いていました。


普通に着て、普通に使って持ち歩く。

そして、とことんまで使い倒す。言葉が汚くすみませんですが

着れなくなっても何かに利用し、壊れたら直して使う。

この方の言葉はいつも身に沁みます。

そして、商いをしている者としても勉強になるのです。

そんなおつもりでお話しをしてくれているわけではなく

ただの会話の中にヒントが満載なのです。ありがたい。



先週も来ていただきました。

この時いらっしゃったお客様で「私もブログに」と写真を撮られたお客様、

今日二人で検索ヒットしないですねと話してました。

これを見てましたら御一報を!
mk6.jpg
浴衣を着物っぽく。
mk7.jpg
この日、外は非常に暑かったのですが見ててそう感じさせないのが

配慮あるお洒落って感じましたよ。

また、お子様と遊びに来て下さい。


前回、新たに登場して頂いた方も → 『前の記事 花火に浴衣

帰りに寄っていただきました。
ek1.jpg
秋の装いです。今回はご自分で縫ってはいないとの事。

紬だそうでレトロな柄とお色が、いっそう秋の気配を近くに。
ek2.jpg
兎柄の帯。更にお月見などを連想させてくれます。
ek3.jpg
草履は加藤さんの!

鼻緒の先の(名前を忘れてしまいました)

赤がイイです。

足のサイズが小さいそうでとっても困っていたところ

しっかりと対応してくれた加藤さんに感激のご様子でした。

その話を聞いて、売っているモノは違うけど

困っているコトをキチンと解決してくれるお店になりたい!

そう強く思います。

そして、また次回も着物で遊びに来て下さい。

こうなると一番最初に来て頂いた講師の吉野さんも

写真に撮っておけばよかった・・・

着物姿だと緊張してしまいました。


嬉しかったのは去年の冬にmiNca特注サイズで作った

あけび蔓カゴをお二人共お持ちだったコト!

いっぱいいっぱい使って持ち手が緩んだらいつでも

お持ちください!!


あけびつながりで・・もう少し、
nak1.jpg
先週、札幌よりお越しのお客様がお持ちのあけびのカゴ。

30年程前の物でこの方のお母様がご使用になっていたらしく

譲り受けてご使用でした。

持っていく先々で聞かれたり写真に取られたり・・

私もその一人ですが。

興味は無かったらしいのですが、その内にどんどん好きになっていき

母はいい物を使っていたんだと聞いて何だか凄く嬉しくなってしまいました。

だから自分の娘にもいい物を残したいし、

見つける目を養ってほしいなと教えてくださいました。


大事に丁寧に使われている。

思い出や面影を残して次の世代につながる。


そんなあけび蔓カゴを今年もmiNca作ります!!





永く付き合うには『つよさ』が込められています。






関連記事
スポンサーサイト