FC2ブログ
------

[カテゴリ:スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120725

楢岡焼

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

お客様より特注頂いておりました楢岡焼が出来上がってきました。

切立片口(細身型)です。
kittati.jpg
お茶のサーバーとしてのご注文でした。

細身なので持ちやすく、この時期ならそばつゆもイケます。

ドレッシングにも使いやすいです。

酒器はもちろん、調理道具としてもご利用出来ます。

papan.jpg
欠品していましたパン皿も入荷です。
(3色パン皿は早々に完売してしまいました、お待ちを・・)

こちらのパン皿の色んな利用方法を先月教えて頂きました!(下記のイベントにて)





先月、秋田ふるさと村の「~デザインで暮らしを豊かに~食×あきた×器」という

トークイベントに出させてもらいました。

伝統工芸品を現代の暮らしにどう取り入れていくかを話しました。
トークショー0624 015
※左より、たなかのりこさん(フードコーディネーター)
 高堂路子さん(料理研究家)
 躑躅森祐子さん(沈金師)

どうしても「伝統工芸品=高級」というイメージがついていますが

高堂さんの普段の利用方法や実演にて、逆に勉強になることが

たくさんありました。

躑躅森さんの作る側からのお話しも、色んな想いを持って製作し

どう使って欲しいまで伝統を壊さずに柔軟に対応しているんだなと

大変売る側として有難い貴重なお話しばかりでした。

自分が高級なイメージをお客様に持たせているのでは?とも感じました。

詳しくは今月号のDPRESSに、たなかのりこさんの「おいしい話」で

書いてありますので、見つけたら是非読んでみて下さい!


作る人、売る人、買う人の共通は誰しもが「使う人」であるコト。

様々に環境や想いはあれど、

普段の生活には誰だって潤いや幸せは望んでいいし

高いから使わずにしまっておくなんてルールも無い。

売る側として、使う事で小さな喜びをほんの少しでも感じてもらえる事ができ

暮らしに必要不可欠までいかずとも、あなたに必要であれば

使われた相手はあなたのその心を感じ取るコトが出来ると信じています。

伝統とは守り続ける人と使う人の心が調和しているからこそ

どんな世でも大切に残るモノであると思いたい。




暮らしには『伝統』が込められています。



関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。