20111116

箱根寄木細工

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

伝統工芸品 箱根寄木細工CA3F0227.jpg
当店では、取扱いしておりません。

右の角盆は、まだ若い職人さんのモノで売りに出せるレベルじゃないからと頂いたものです。
「えっ!これで」と言うくらい精巧な造りなんですけどと思いました。
確かによく見ると麻の葉模様の中心がずれてます。仕事に厳しいから職人さんも育つんだなと
感心しました。

色によって木の種類が違うんです。かなりの樹種を使うそうです。

そして、見方によっては立体に浮き出る感じにも見える時があって見てて飽きません。

この模様は金太郎飴みたいに組んでいくんです。
つまり、カンナで削っても下から同じ模様が出てくるんです。
私には確実に作れない代物だと思います。

和の模様にも惹かれます。昔の日本人の美意識の繊細さには驚くばかりです。
身近なモノのモチーフの多いことは模様の名前を知ってから気づきます。

現代に生きていると些細な美しさよりも勝るものが多すぎるからか
昔の人より心は退化していると自分自身が思います。



麻の葉模様には子を想う『親の愛』が込められています。

関連記事
スポンサーサイト