20120627

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花、脱いだはきものはダリアでした

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

次に来られる時は、浴衣だと思っていましたが・・
nk.jpg
夏着物でした。薄手で涼しそうでしたよ。

見た目もgoodです。

写真は下手ですが、この流線形な柄は模様ですよ。良く見て下さいね。

百合は6月しかダメだと言う事で
nk1.jpg
百合の帯。

和の季節を大切するココロ、素晴らしいです!

そして、当たり前に知っているトコロが羨ましいです。


履いていると気付かないこちら!!
nk3.jpg
わざわざ、脱いでいただきました。ありがとうございました。

きっと、このようなはきものを玄関で見かけたら

どんな方が履いているのか?と気になります。

そうして、想いを巡らせるのも楽しいです。

そして、最近男性から良く聞かれる「和服の方誰ですか?」

気になるってコトが大切なのです。

大曲のどこかできっと出会えますよ!



ついでもついで『miNca BLUE』をお持ちしてもらいました。
nk2.jpg
今度は是非浴衣で!!



日本には『季節』が込められています。


関連記事
スポンサーサイト