------

[カテゴリ:スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120402

パン切り包丁

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

パン屋さんでパンを買う習慣が無かった若かりし日を

想い返せば、保存料が入ったパンを美味しいと食べていた

自分が恥ずかしくもあります。

初めて、無添加で酵母も自家製のパンに出会った時は

それは衝撃的で「パンって、これをパンって言うんだ」と興奮しました。

それからと言うもの、パン屋さんでしかパンは買わなくなりました。(ちょっと嘘)

ここ大曲は『PANYA-KATO』さんをおススメ致します!!

添加物を一切使用せず、様々な生地に最も適したこだわりの材料で

手間と時間をかけたパンは、何を食べても美味しいのですよ♪

お洒落な店内のインテリアや小物の演出も魅力です。

贈り物にも喜ばれますよ^^



こちらは自分も使用しています、パン切り包丁が入荷です。CA3F0593.jpgご存じ、貝印製なので間違いない商品です。

手前がソフトブレッド専用、奥がフランスパン専用です。

パンを買う習慣が無かったものですから、パン切り包丁なんて存在も知らず

調理用包丁で切ると

パンくずはボロボロと落ち・・

パンはつぶれ・・

切り口も不味そう・・

折角のパンが台無しだなぁと思ってた時に出会い、永く愛用しています!

上記の様な現象は、まず起こりません。

スパッスパッと切れます。

ハンバーガーのバンズだって、イングリッシュマフィンだって、

ホットドッグの切れ込みも面白くキレイに切れてくれますよ。

一本あると便利です。


これを書いていたら、

「百姓の家に生まれ落ちたら、米を食え」と言った亡き祖父が

次の日に、コーラ片手に焼きそばパンを食ってた光景に何も言えなかった

幼き記憶が戻りました。



パンには『情熱』が込められています。

関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。