------

[カテゴリ:スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120202

定休日に雪寄せをする

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

今日は仕入れや寄りたい所があり、予定を組んでいましたが

自宅の雪寄せで一日が終わってしまいました。

屋根の雪下ろしはしなくていい構造なのですが、いつ滑り落ちるかが

わからず、昨日と今日で玄関に到達出来ないくらいの雪が全て落ちてきて

対応してました。

良かったのは天気!

晴天で気持ちよく作業は出来ました。


黙々と雪寄せをしていると雪の無い地域の人の事を必ず考えてしまいます。

まずスタッドレスタイヤから始まり、

寒冷地仕様車、冬用ワイパー、スコップ、ダンプ、除雪機、

家の周りには融雪設備、雪寄せ、屋根の雪下ろしなど

雪があるだけでこれだけの費用と苦労がセットで付いてきます。

遠くへ通勤する方は冬のみアパート借りたりと出費が馬鹿になりません。

雪が無いとこれが一切無いというのは不公平極まりないと感じます。

個人所得が雪の降る地域では2〜3倍違うのであればそのくらいの苦労は

たいした事はありませんが、職もない、賃金も安くて出費は多いでは元も子も

ないなーと毎年考えます。

雪が無いと商売にならない人もいて、自然相手だからしょうがないでいつも

自分の中で終わってしまうのですが、

営業マン時代に役場を回ってた時にこんな事を言われたなと思い出しました。

大手企業入社後、様々な企業からヘッドハンティングされ

役員、社長とされて最後の仕事が地元への貢献で新規に出来る道の駅の

駅長さんとの会話でした。

「ある会社の人事担当の時に”北東北人”は自分の中で採用条件の一つだったよ」
「責任感が強いし、嫌な事も何も言わずこなす、寡黙で真面目」
「小さい時から一方的に降る雪に文句を言わずせっせと雪かきする親を見て来た
 人間にはその力が潜在的に備わってる」

言われて嬉しかったな〜!って思い出してました。

そして、ちょっと雪っていいかもっても思いました。

いつまでそう思えるかわかりませんが

大変や苦労の裏返しは幸せだなって実感出来た一日でした!CA3F0359.jpg

雪には『つなぐ』が込められています。

関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。