------

[カテゴリ:スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140728

大曲土産の新定番

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

民家ふきん』入荷です。

027.jpg

大げさなタイトルをつけましたが、

これは僕の想いだったりします。


これからお盆の時期にお客様をお迎えするご家庭も増えると思います。

そんな時にお母さんが夏休みの子供に、

「miNcaで民家ふきん、買ってきて」なんて言われ、

店に来た小学生に僕が、

「宿題終わったが?」と聞き、

「手をつけてないよ~」なんて、

会話ができる日を楽しみにしていたりします。


本当に少しづつですが、

大曲の新しい、花火ではないちょっとした贈り物として

お使いいただいております。

ハンカチ替りにバッグに入れてくれてる方もいたりと嬉しい限り。


裁断してアイロンかけて、

線を引いたら

ひと針、ひと針丁寧に手縫いして、

ハンコ押して、アイロンかけて梱包。

手間はかかりますが、

夢が勝っているので、

やめられない!

そんな商品です。






民家ふきんには『地域に根ざす』が込められています。








20140718

h.u.g

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

h.u.g』さんのouchiとtreeを待っていた皆様。

たくさん入荷となりました。

次回入荷は未定ですので、お早めにどうぞ。

hug12.jpg

写真のほかにもたくさんのステキなouchi達がございます。

hug11.jpg

どれを見ても同じモノはひとつとないouchi。

まるで、人々の暮らし

そのものです。







暮らしには『カタチ』が込められています。






20140715

暮らしに欠かせないモノ

[カテゴリ:花火通り商店街]
[コメント:]

私は普段、眼鏡をかけています。

そして、購入先は我らが商店街会長の『黒澤時計店』さん。

愛用の眼鏡は、増永眼鏡の「光輝」Model.013。

増永眼鏡は、眼鏡の生産地で有名な福井県。

本当に丈夫で堅牢、男の眼鏡でございます。

そんな光輝のNEW Modelが黒澤さんに入荷です。


黒澤さんのブログ→『リアルヴィンテージアイウェアー!』


何と私が、

こちらのブログで光輝のモデルをやらせてもらいました。

光栄な事でございます。

↑↑ぜひぜひご覧ください。



自分がどんな眼鏡のカタチが似合うかなんて、

黒澤さんに行くまでは知りませんでした。

なので、

絶対に自分には似合わないと思っていたカタチなのに、

手に取る事さえなかったカタチなのに、

かけてみると、しっくりくる。

さすがプロでございます。

専門店の良さでございます。

今では眼鏡、時計の相談は黒澤さん。

何でもご相談に行ってみてください!

他店で購入の眼鏡もレンズ交換してくれますよ。



それと、

1年越しにやる気を出して、

ビリビリに破けていたmiNcaつなぎを縫いました。

まずは生地色に合った糸を買いに黒澤さんの斜め向かいの

「毛糸と手芸の店おばら」さんへ。

そして、見て下さい、この下手くそな出来上がり。

obr12.jpg

これでいいんです、僕は。

民家ふきんにも使用の「ダルマ家庭糸」を購入です。

さすが、間違いなし。

レジの際、ふと奥を見るとボタンがいっぱい。

お尻のポケットのボタンが取れていたのを思い出し、

刺繍に色を合わせピンクの丈夫なボタンも購入。

サイズも色も本当に豊富です。

とってもいいアクセントになりました。



商店街って何でもあるし、

気軽に相談にのってくれる。

miNcaも皆様の暮らしに寄り添えるように頑張ります。








商店街には『必要』が込められています。








20140712

文月のmiNcaえぷろん そして、T-FARMのズッキーニ

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

掌-tanagocoro- 第三弾 miNcaえぷろん


久しぶりの製作となりました。

お待たせ致しました。

本日、ギャルソンタイプが2点入荷となりました。

meg52.jpg
タイのストーンウォッシュ(紫)です。

見た目より薄手なので、涼しいですよ。

meg53.jpg
こちらは、紐とポケットが草木染めの手織りの生地になります。



アフリカンバティックのフルタイプミニが6点入荷です。
mefm41.jpg

mefm42.jpg

mefm43.jpg

mefm44.jpg

mefm45.jpg
ごめんなさい。↑こちらは販売済になりました。

mefm46.jpg

これからも新しいmiNcaえぷろんが出来上がってきますので、

お使いの方もこれからの方もよろしくお願いします。



5月より、こっそりとひっそりと販売しておりました。

miNcaのよだれかけ(スタイ)。
mbs1.jpg
miNcaえぷろんには使えないハギレを利用し作っています。

洗いをかけてありますので、

開封後すぐに赤ちゃんにお使いいただけます。

出産間近の方や産まれて間もない赤ちゃんへのプレゼントにどうぞ。

世界に1枚のよだれかけです。




お知らせです。

今日から不定期で旧西仙北町T-FARMさんの

ズッキーニを店内にて販売しております。

tf1.jpg

tf2.jpg

自然のまま育ちたい様に育ったズッキーニ。

僕はピクルスとマリネ、時たまパスタに使いたいと思います。

一日の数に限りありです。

ぜひぜひ、食卓の一品に。






miNcaえぷろんには『料理』が込められています。







20140709

アザミ

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

私の愛読書に「聞き書 秋田の食事」なるものがございます。

azm01.jpg

この中に気になる植物が出てくるのです。

azm02.jpg

写真中央のきゃの汁の中身なのですが・・・

あざみの茎とあるのです。

これはなんだ?

聞いたコトもないし、食べたコトもない。

採っている人も見たコトないし、下処理の仕方もわかりません。

と、ずっと気になっていました。




今年の春、お客様と山菜の話しになりました。

その際に気になる山菜があると、

このお話しをしたら、

「家で毎年漬けてますよ」と言うのです。

こんな奇跡があるのかと思った瞬間でした。

この方の部落内でも今では2~3件しか採っていないそうです。

興奮冷めやらず、たくさん聞いてしまい戸惑ったかもしれませんが、

先日こちらのお客様より、

アザミのしっかりとしたレポートをいただきましたので、

ご紹介致します。

お客様の表現を引用させてもらいます。



azm1.jpeg

朝の宝仙湖をすぎて、山奥へむかいます。

朝は鏡のようになって美しいんです。

azm2.jpeg

家の狩り場です。

アザミは比較的日当たりの良いところに大きくなっています。


もうこの時点で素晴らしい場所にお住まいですね。

空、森、湖に囲まれた世界、なんと羨ましい。


azm3.jpeg

こちらが、立ちアザミです。

茎がしっかりしていて、虫が入らないうちの若いものを採ります。

azm4.jpeg

こちらは寝アザミで、採らないアザミです。


こういった情報が大事なのです。

とても丁寧に写真と説明をしてくれています。

もし、採りに行ったらこういう事で悩む時が結構あるのです。


azm5.jpeg

置き場を作って、そこで余分な葉っぱを落としてから持って帰ります。

azm6.jpeg

30~40cmくらいに揃えて帰ります。


現場での作業が、帰ってからの作業効率におおいに関係しそうですね。


azm7.jpeg

帰ったら、ばーちゃん達が剥きかたをはじめます。

azm8.jpeg

茎がわれてしまわないように、まずは潮水に剥いたものを入れていきます。

azm9.jpeg

アザミついでにホンナ、ヒデコ、ワラビなんかも片手間に採ります。

全て剥き終わったら、

アザミ→塩→アザミ→塩...と漬けていき、

最後に剥いた皮を1番上に多めにかぶせておきます。
(やらないと上のアザミが黒くなっちゃうそうです)

一週間くらいして、水がいっぱい出たら水を捨てて漬け直します。

次の春まで、ハタハタかやきや、味噌汁、炒め煮などで活躍します。



どうです?

素晴らしいでしょう!

この地域に根ざした郷土の保存食と知恵。

味は想像つきませんが、絶対に美味しいです。

ひとつの食べ方ではなく、様々な料理に欠かせない冬の食材になっております。

代々受け継ぎ、こちらのご家庭の春の行事にまでなっています。

山の恵みを必要な分だけ、採って保存する。

ずっと気になっていた分、

ここまで丁寧にレポートいただいたので

来年はぜひチャレンジしてみたいと思います。

S様、貴重な知恵と労力をありがとうございました。



何でも買うのは簡単です。

自ら汗をかくコトに、美味しさが凝縮されていくのです。

そして、秋田の長い冬の間

楽しみの味覚として、

春を待つ楽しみになり、

人生の生きがいのひとつになります。

だからこそ、恵みに感謝できるのです。


人生の優先順位を決めるのは、自分です。

もっとも低い順位を上げるには、何事も覚悟です。






アザミには『手間』が込められています。








20140707

秋田杉桶樽

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

春からの農作業も落ち着き、清水康孝さんより『』が届きました。

pail16.jpg

久しぶりに木っぷ(コップ)の大・中・小が揃っています。

やわらかい、秋田杉本来のやさしさが伝わります。


pail17.jpg

へぎ目の花器も入荷となっております。

同じ目はひとつと無い、唯一無二の桶。

瞬間、瞬間を彩ります。







桶には『暮らしの根底』が込められています。





今日は七夕ですね。

毎月和装はきもの・小物 加藤さんで開催されている「着物カフェ」。

その中で紙芝居が読まれています。

その紙芝居のイラストを書かせてもらっていますので、ご紹介致します。





宜しければ、今までのもご覧ください。










20140704

定休日

[カテゴリ:個人的なこと]
[コメント:]

TVの天気予報は30度を超えると告げていた定休日の昨日、

僕は山にバイクを走らせた。

HONDAのCRM250ARが僕の愛車だ。

型はもう古いがよく走る。

この日はご機嫌がよく、ぐんぐんとスピードにのる。

出羽丘陵広域農道の風となった僕は、流れる景色に目もくれない。

そんな時だ。


人里離れた山の一本道、

道端に三輪車が止まってたんだ。


僕は一度通り過ぎた。

しかし、頭の中に不安がよぎった。

最近頻発している熊の存在だ。

こんな炎天下の中、何か作業なんてしているわけがない!

僕は踵を返すようにエンジンブレーキをかけ、

300mは進んだであろう道を猛スピードで引き返す。


急いでいたものだからなかなか減速できず、

三輪車を10m程越してから止まった。

止まると同時にヘルメットの中は、汗ばみ出す。

すぐさまヘルメットを脱ぎ捨てる。

丘陵地帯の風が、僕の心配とは裏腹に通り抜ける。


三輪車まで近づくと後ろのカゴには、山の中で採ったであろう

蕗が3束、紐でくくられて入っている。

んっ、鎌も入っているではないか?!

柄の長い、いかにも蕗を切り採りやすい形状をしている。

柄と鎌の付け根には真っ赤なテープで補強がしてある。

鎌を積んであるなら、蕗なんてもう採っていないはずだ。

そう確信した僕は、ガードレールに身を投げ

緩やかに傾斜している沢を覗き込んだ。


いない。

どこを見渡しても人影すらない。

ただカサカサと青々と茂った葉の擦れる音が聞こえるだけだ。

ガードレールを超えて、沢を下ろうかと思った矢先、

ガサガサと左崖下からお婆さんが現れた。


僕には気づかないお婆さんは、手には何も持たずに

何かを探しているようだった。

ymnb1.jpg

miNca「ばっちゃ、何してら?」(お婆さん、何をしているんですか?)

ばっちゃ「兄さん、今何時だ?」(お兄さん、今何時でしょうか?)

miNca「10時半過ぎだどごだぁ」(10時半過ぎましたよ)

ばっちゃ「へばまずえさ帰って、昼がらまだくるべ」(一度家に戻って、昼にまた来ます)

miNca「なんぼ見だっていねがら、心配したべった~」(いないから心配したよ)

ばっちゃ「なんぼ見だって、どさ置いだがわがらねして」(どこにも無いんです)

ymnb2.jpg

キモチが良いほどに、話しが噛み合わない会話に

僕の緊張は一気に緩んだ。


蕗を束ねて山の中に置きながら採っていて、

帰ろうと思ったが、1束どこに置いたか忘れてしまい探していたと言うのだ。

ymnb3.jpg

帰り際に、

「こんたあっち日なば、水飲みながらやらねねっすど」に対し
(こんなに暑い日は水分を摂らないと脱水症状になりますよ)

「んだ、カゴさ水へでらがら」とお婆ちゃん。
(大丈夫、お水は自転車のカゴに入っていますから)

へば、まんずなぁ(それでは、さようなら)とバイクに向かう途中、

何気なくカゴを見たが水らしき物は入っていない事は言うまでもなく

水も山の中だなとヘルメットを被りながら思った定休日でした。



近隣にお店の無い地域では、こうして山の恵みを食べる分だけ

採っているのは素晴らしいコトです。

町場であれば、何だって手に入ります。

裏を返せば、同じ条件であれば僕なんかよりずっと

生きるコトに貪欲なのです。

自然と共にいるという自覚の強さは学ぶべき必須なコトだと感じます。



僕に無いモノしか持っていないこうした年配の方には尊敬の念しかない。

バイクを持ってて遠くに行くコトが出来て、

PCで世界の情報がすぐにわかって

携帯電話で買い物や友達とすぐにつながるコトが出来ても、

自然の中に放り出された明日には、その日の食料さえ確保できない

自分がいます。

きっとギリギリ今現在がこうした知恵のある方々と交流できる

最後の時代ではと思っています。

だから、こうやって休みの日に見知らぬ人達との会話が

何よりの楽しみでもあります。






ばっちゃには『可愛い』が込められています。







20140703

LE KLINT

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

LE KLINT販売第1号のT様邸にお邪魔してきました。

リフォームも完了し、とってもステキな空間に。

t135b.jpg

とても悩みに悩んだ照明だけあって、

羨ましいほどの安息とくつろぎのお部屋になっていました。

t101c.jpg
(照明器具:135B、101C)

ところどころに配置された間接照明とのバランスも完璧。

場所場所により、均一ではない明るさは、

お料理も、家族の時間もやさしく照らしてくれます。

T様末永くご愛用くださいね。

ありがとうございました。





あかりには『写し出す』が込められています。







20140702

noul

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

anori』さんのトート「noul」NEWカラーが入荷しております。

↑詳しくは以前の記事を読んでみて下さい。

an6.jpg

an7.jpg

an8.jpg

an9.jpg

an10.jpg

女性男性問わず、ご購入いただいております。

お仕事用のサブバッグとしてが多い感じですが、普段使いももちろん大丈夫です。

ご購入者様の年齢層も幅広く、学生さんからご年配の方まで。

家具用のあまった生地を使用しているので、カラーリングは一期一会のバッグです。

ご自分の気に入った色の組み合わせが入荷するのを、

お待ちになっているお客様もいらっしゃいます。


汚れがつきづらく、とても丈夫なこのトート。

さすが椅子張り生地で出来ているだけあります。







noulには『感性』が込められています。







20140701

文月

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

あっという間に7月!

2014年も半分が終わってしまいました。

ブログを楽しみにしている方々からは、

「いつ書くんだ」とお叱りのお言葉を多々いただいており、

大変申し訳ございません。

春からの自分のコト、お店のコト、入荷情報などを書いていこうと思います。



例年通り、春は山へ山菜採りでございました。

tako.jpg
タラノメにコシアブラ。

冬の鬱積した心を開放のゼンマイ採り。

tzmi.jpg
もう無我夢中に山にどっぷりと浸かる時期。

今年は念願の天然ギョウジャニンニクをようやく見つけました。

sgnn.jpg
今ではスーパーで栽培物、苗もポットで売られていますが、

天然物は香りも味も格別でございました。

自然の恵みに感謝です。

tzmi2.jpg
そして、合間を見ての熟練工からのゼンマイ揉みのレクチャー。




第二回大曲のまちゼミもございました。

miNcaでは前回同様の『道具選び』のお話しと

「うつわで変わる、酒の味」という内容でお話しさせてもらいました。

陶器、ガラス、磁器、銅器で日本酒、ワイン、ビールを飲み比べるというもので、

おかげさまですぐに定員いっぱいになり、ご参加いただいた受講者様からは

大満足の評価をいただき、大変楽しんでいただけました。
omzm1.jpg
お酒はご用意しましたが、おつまみは受講者様持ち。

柿ピーなどを想像していたのですが、皆様手作りがほとんどで、

講座そっちのけの飲み会といった感じ。

けれど、それが良いのです。

知らない者同士、酒を飲み交わせばすぐに打ち解けられるのです。

omzm2.jpg
お酒の回は、2回開催しましたが、

写真の方々は1回目の受講者様。

20:30終了のはずが、0:30まで飲み続けました。

そして、初めて会う方々との怒涛の二次会で2:30の終了でした。

楽しかった~です。

次回は、11月予定ですので気になった方は、

大仙市広報や新聞折込のチラシをチェックしてくださいね。





お願いしていた中山人形も入荷しております。

2014711.jpg
福助踊り。

おたふくさんの三味線と福助さんの舞が素晴らしいです。

2014712.jpg
鉞兎。

2014713.jpg
十二支土鈴もすべて揃いました。

20147131.jpg
来年の干支「花羊」は、ご予約承っております。

もうすでにたくさんのご注文をいただいておりますので、お早めにどうぞ。

そして、羊だけいいお話がありますので、お店にもどうぞ。




張替え依頼もございました。

秋田木工の今ではたぶん生産されていない型のカウンタースツールです。

2014714.jpg

某デザイン事務所様からの依頼でした。

一気に表情が変わり、とても雰囲気があります。
2014715.jpg
お選びいただいたモケットのお色がキレイに生きました。

木部の味ともベスト。




久しぶりにmiNcaリペアも製作致しました。

2014716.jpg

こちらはもう販売済みです。

2014717.jpg
この秋田木工No.202は、もう2脚リペア分がございますので

欲しい方は、ぜひmiNcaにお越し下さい。

お好きな張り地を張らせていただきます。



そんな合間、『黒澤時計店』さんのモデルもやりつつ・・・

nikemojo.jpg
痩せなきゃいけないなと写真を見ながらの暴飲暴食の日々・・・


夜な夜ならっきょうを漬けたりもあり。
20147111.jpg
これがうまく漬かってうまいんです。

一日4個で血液サラサラです。


お店の方はと言うと、

ホーローカトラリーの新作やガラス類が入荷中でございます。

2014719.jpg

会津本郷焼のcandy colorシリーズも若干本日入荷しております。

20147110.jpg

青年にもお会いしてきました。

昭和3年生まれは、元気です!

2014718.jpg
いつもながら元気をいただいてきました。

南部木杓子、木ベラも入荷しております。




先日は秋田県商業者ネットワークフォーラムが

大曲駅前、我らが花火通り商店街で開催され、miNcaにも視察に来て頂きました。

aktf1.jpg
秋田県内の商業者様、仲良くさせていただいている新潟の

上古町商店街様に商工関係者様。

あらたに様々なつながりが出来て、実りのある時間でした。

aktf2.jpg

今後のmiNcaがどうあるべきか、

少しづつですが経験と失敗を繰り返しながら学んで行きたいと思います。



長々とお読みいただき、ありがとうございました。

こうならないようにマメにBLOGの更新、心がけます。







文月には『書く』が込められています。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。