FC2ブログ
------

[カテゴリ:スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20131129

声を聞くというコト

[カテゴリ:お便り]
[コメント:]

miNcaえぷろんをご購入いただいたお客様より、

2件のお便りを頂きましたので、

遅くなりましたがご紹介致します。



「一目惚れです!」と東京都の方からのご注文でした。
mektc1.jpg
miNcaえぷろん、アフリカンバティックのカフェタイプ。

この星柄を気に入っていただき、ご連絡をもらいました。

お二人の娘さんのお母さんという事で、

miNcaえぷろん姿がお母さんの思い出として

幼き記憶に残ってもらえると嬉しいです。

美味しいお料理、

あたたかい食卓、

家事に着用していたエプロン、

やさしいお母さんを見て、大きくなってくださいね。

着用感からすると、きっと小さいお母さん。

永く愛用して下さいね、とてもお似合いです。

ありがとうございました。



続いて、お色に悩んだ、秋田市のお客様でした。
mefyu1.jpg
タイ産ストーンウォッシュ(群青)生地のmiNcaえぷろん、フルタイプミニ。

このエプロンは今までにリサーチした問題点をなるべく無くしたタイプでしたので、

とてもありがたいお言葉が記載されており、感動してしまいました。


『このエプロンは、カバーしてもらいたい所はしっかりカバーされ、

丈も邪魔にならず、かけはずしもラクチン、デザインも年齢をとわず(?)、

縫製もしっかりきれいにされてて、私にとってはとても嬉しい出会いでした(^o^)

というのも、どこのエプロン売り場に行っても、

欲しいなぁ~と思える物がなかなか無かったのです。』


とっても嬉しくて嬉しくて、商売冥利に尽きます。

このmiNcaえぷろんを着用して、家事をこなしている主婦の方々がいると

想像するだけで幸せです。

これからの季節は、一日着用していただいても温かい生地ですので

暮らしに無くてはならない一枚になるコトを、

着用時には、一日のはじまり

着脱時は、家事の終わり

そして、明日からの日常がより良くなるお手伝いが出来る一枚に

なってもらえる様に願っております。

ありがとうございました。







お客様の声を聞くには『今に満足しない』が込められています。











20131125

100年間無農薬の手つむぎタオル

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

これまで一度も化学肥料・農薬を使用したことのない中国山東省の綿畑で、

手つむぎタオルに使用される綿は栽培されています。

この畑で農耕機械も一切使わずに丁寧に手作業で育てられた綿花から糸がつむがれます。

gm1.jpg

中国の山東省内陸地にある一面の綿畑。

現地では、一度も農薬や化学肥料を使ったことがありません。

だから化学肥料や農薬の残留物も当然ありません。

一度も近代農業をしたことがなく、農耕機械は存在しません。

使うものは鍬や鎌などの人の手で扱う道具のみ。

その方法でしか栽培をしたことがない場所なのです。

gm001.jpg

畑を鍬で耕し、有機肥料のみを使用しながら育て、

害虫予防、綿花の採取も全て手作業です。

白い花は咲いて1~2日で落ち、その後すぐにコットンボールを含んだ実が成熟し始めます。

手摘みされたコットンボールは薬剤にも浸けず、手作業で種を取り除かれ、

漂白もしていません。

gm002.jpg

薬剤に浸けたりなどもしません。

手作業で種を取り除いたコットンボールを糸車を使って糸にしていきます。

gm003.jpg

指先の感覚だけを頼りに番手(太さ)を調整して手でつむいでいくので、

熟練の職人が丸一日休みなく作業しても200g程度しか生成できない大変貴重な糸です。

gm004.jpg

機械や薬品を使っていないので細かな繊維を多く含んだ状態で糸になっているため、

とても柔らかくふんわりとした仕上がりです。

gm005.jpg

一般的なタオルの1.5倍以上の高い吸水性を持っています。

表面はふんわりとしていますが、中心は撚りがしっかりとしているので、

洗う度に表面の短い繊維は落ちていきますが、

芯は丈夫で使いこむ程に締まっていきます。

ボディタオルを10年以上使用されたという事例もあるほどで長期間使用できます。

gm006.jpg

さらに、手織りの織り機で生地を織りだしているため、独特の風合いと使い心地も魅力です。

お肌の弱い方には、

手つむぎ糸の特徴である凹凸が摩擦効果を生むので、石けんを使わずに汚れを落とすので

安心してお使い頂けますよ。


中国と聞くと・・

近年では模倣品ばかり、危険な原料が使われている・・など注目されがちですが、

近代的な建物が並ぶ街ではなく、果てしなく続く農村地帯の綿。

昔から今までそれしか知らない、それだけを続けてきた、

ありのままの自然な方法で栽培されている、そんな畑がまだまだ沢山あるのです。


ボディタオル(23×95cm)とベビー用ボディタオル(20×22cm)の

2種類入荷しております。










大地の恵みには『人の手』が込められています。









20131124

大盛況に終了!!

[カテゴリ:佐藤の素材あるき]
[コメント:]

この日は、花火通り商店街で開催された「カモースリング2013」

と「佐藤の素材あるき」が同時だったので、大盛況の内に終了致しました!

まずはカモースリング大曲の様子をどうぞ。
kamo-su6.jpg

kamo-su7.jpg

kamo-su8.jpg

kamo-su10.jpg
こちらには行くヒマが無く、『和装はきもの・小物 加藤さん』より写真を拝借。

いや~すごいです!

この人、人、人。

いつもの通りが人で見渡せないのです。

大曲には花火しかないと聞こえてくる時がございます。

確かに観光地でもないですし、花火以外の日はそんなに人通りも多くはありません。

が、大曲には素晴らしい「つながり」があります!!

イベントに長けた人材がたくさんいるのに加え、

人と人とのつながりを大切にし、

築いてきたこの連携力は随一です。

人情に熱い方々が多いのも、どんなイベントをも大成功に導くのだと思います。

それにしても行きたかった~。


なぜなら・・・


焼きしいたけ串が美味しいのなんのでした!!

東成瀬すみれファームの佐々木さんと酒があればねと言いっぱなしでした。

カモースリング大曲からは、ワイングラス片手にたくさん流れて来て頂きました。

町中をワイングラスを持ちながら歩いている姿を見たときには、感動を覚えました。
sf-9.jpg
佐々木さんにはたくさんのしいたけをお持ち下さいました。

この大きさには、皆様大喜び!!
sf-10.jpg
大盛況の割に人が・・・と思われた方もいると思います。

そうです、たくさんいらっしゃっている時に写真を撮れなかったのです。
sf-11.jpg
コレが人気でした!

焼きしいたけ串!!

素材そのままを食する。

贅沢の極みでございました。

食べたら、生しいたけを買わずにいられない味。
sf-12.jpg
こんなに大きいしいたけを子供達もぺろりとたいらげていました。

私も4本食べました。

外人さんも食べました。

sf-14.jpg
お店のパンも焼かないといけない中、PANYA KATOさんに

ご無理を言って作っていただいた、しいたけパン2種も完売!


同日開催の「着物カフェ」の皆様も華やかに振袖姿でお見えになりましたよ。
sf-13.jpg
日本髪、この技術は素晴らしかったです。

おもてなしのココロ、日本のココロです。



トマトが主な生産の佐々木さんが「しいたけにこんなに喜んでくれて嬉しい」と

言ってくれた時に、やって良かった、続けて良かったと疲れが一気に吹き飛びました。

素材の良さは、手をかけ作り続けている『人』が見えるからこそなのだと実感しました。


雨が降ったり止んだりの中、お越しいただいたお客様、ありがとうございました!

すみれファームの佐々木ご夫妻、PANYA KATOさん、カモースリング大曲関係者様、

そして、チラシと新聞を作ってくれている『澁谷デザイン事務所』の澁谷さん、

「佐藤の素材あるき」にお力添え、ありがとうございました!

sf-15.jpg








佐藤の素材あるきには『ココで、つながる』が込められています。













20131122

あす開催!!

[カテゴリ:佐藤の素材あるき]
[コメント:]

いよいよ明日は、「第三回 佐藤の素材あるき」と「カモースリング大曲2013」開催です。

素材3-1
素材3-2
カモースリング大曲と同時開催ということで、会場地図に載せていただきました。

皆様、ワイン片手にしいたけと、日本酒片手にしいたけが実現できます!

kamo-su4.jpg
miNcaにもワインと日本酒の酒器が揃っていますので、

マイグラスを持っての参加もいいかもしれませんよ。


kamo-su.jpg
kamo-su2.jpg
「食」「呑」ともに充実です。

明日は、大曲で酔いましょう。

寒くない格好で、ぜひぜひ遊びにいらしてください。
kamo-su1.jpg


昨日、PANYA KATOさんにはしいたけの納品に行ってきました。

2種類のしいたけパンを作ってもらいます。

1、しいたけ入りプチバゲットサンド
・しいたけのガーリックオリーブオイル漬けが入っています
・バゲット生地にはしいたけの石づきの部分が練り込まれています
・下地には、、、当日お楽しみに!

2、しいたけデニッシュ
・しいたけがそのまま乗って焼き上がります
・しいたけの下にはオリジナルべシャメルソースで

数量に限りがございますので、お早めにどうぞ!!
sozaipan.jpg


※チラシに書いてあります「西明寺栗の焼き栗」ですが、中止となりました。
 今年はどこの栗園さんも未曾有の収穫不調でした。
 花の咲く時期に雨が続いたせいで、出荷が例年の3分の1くらいに落ち込みました。
 今日まで調整しましたが、あえなく中止とさせていただきます。
 西明寺栗の加工品の販売は致しますので、
 楽しみにしていただいていたお客様には大変申し訳ございません。
 何卒、ご了承いただけます事を切にお願い申し上げます。








醸すには『素材』が込められています。










20131116

すみれファーム 佐々木さん家のしいたけ

[カテゴリ:佐藤の素材あるき]
[コメント:]

11月23日(土) 第三回 佐藤の素材あるき開催です!!
素材3-1
素材3-2
旬の真っ只中、

真っ直ぐにクールに熱く素材に向き合っている佐々木さん。

わたくし佐藤が、見て聞いて、触れて食して感じてまいりました。

お越しいただける方は、

素材だけの美味しさだけではなく、

どんな人が、

どんな想いで、作っているかも知って欲しい、

当日発行の佐藤の素材新聞を読みながら、

丹精込めて作ったしいたけを

じっくりしっかり味わってみてください。



同日、この日は花火通り商店街が歩行者天国になり・・
kamo-su.jpg
も、開催です!

ワイン片手にPANYA KATOさんのしいたけパンを食し、

日本酒一升かついで、しいたけ串なんて最高でございます。

miNcaはこちらの通りからは、ちょっと外れますが

あったか~い納豆汁をすすりながら、

美味しい美味しいぷっくりしいたけに、

どうぞどうぞ、会いに来て下さい!











佐藤の素材あるきには『つながる』込められています。














20131115

第三回 佐藤の素材あるき

[カテゴリ:佐藤の素材あるき]
[コメント:]

第三回「佐藤の素材あるき」を11月23日(土)にmiNcaで開催致します。

→『佐藤の素材あるきとは
→『第一回佐藤の素材あるき 西明寺栗
→『第二回佐藤の素材あるき 祐さん家のさくらんぼ


今回の素材は、これからの季節に引っ張りだこの「しいたけ」。

雄勝郡東成瀬村、すみれファームの佐々木さんが生産している

ぷっくり肉厚な素材、しいたけに会いに行ってきました。

写真は9月下旬に伺った時の様子です。

sf-1.jpg
ちなみに、これはトマトのハウスです。

すみれファームさんと言えば、トマトで知っている方のほうが多いと思います。

食べたことのある人は、「あのトマトを食べたら、他のは食べられない」と

皆さん、そうおっしゃいます。

sf-2.jpg
この時に食べた麗夏(トマトの品種)の美味いコト、美味いコト。

トマトの収穫が真っ只中の頃にお邪魔しました。

このトマトハウス棟のほかに、しいたけハウス棟があります。

移動すること数分。

何やら見慣れない、白いハウスがしいたけの生産場所でした。

sf-3.jpg
しっかりと管理されたハウス内では、

まだまだお休み中のしいたけ達。

sf-5.jpg
今回の主役、佐々木さんが丁寧にお話しを聞かせてくれました。

詳細は、当日無料発行の「佐藤の素材新聞」をぜひ!



そして、今では先日の雪の中で・・・
sf-6.jpg

こんなに立派なしいたけ達がニョキニョキと出てきています!
sf-7.jpg
ぜひぜひ、この肉厚ジューシーなしいたけを食べて下さい。

佐々木さんが一生懸命作ったしいたけは、自然いっぱいの東成瀬産でまちがいなし!

塩で焼いて食べるのが、一番うまいです!

なんなら塩もいらないくらいの美味しさなんです、これが。

sf-8.jpg
プツプツと出始めのしいたけ。

佐々木さんが選りすぐったしいたけだけを持って来てもらいますので、

皆様ぜひぜひ遊びに来ていただき、焼いても鍋でも何でも美味しいしいたけで、

週末にはあたたかい食卓の一品を作ってみてはいかがでしょうか。











素材には『宿る』が込められています。











20131113

足回り

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

イランのニットルームシューズが入荷です。

inrs2.jpg
おばあちゃんが手編みで編んだ、あたたかいルームシューズです。

足首が寒い方には、ロングもございます。
inrs.jpg
一組ずつ、全て色柄が違います。



大阪で現在も生産されている、トタンの湯たんぽが入荷です。
yutanpo.jpg
こちらは昔ながらの金属製ですので、取扱いが面倒かもしれません。

今は様々な新素材の湯たんぽがございますが、

ご自分の暮らしに合う湯たんぽをなかなか見つけられなかった方にはぜひ。

直火にかけて温めることも出来ます。

ご使用には、くれぐれもご注意なさって正しい使い方で。









健康には『頭寒足熱』が込められております。











20131111

つかいやすさ

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

タイヤ交換を済ませていないのに雪が積もり始めました。

そして、風邪もひいてしまいました。

なんたる自己管理の悪さを呪ってしまいます。

皆様はどうぞ急に冷え込みましたので、体調など崩さずに。




夢積工房さんのお箸が入荷となりました。

yasai.jpg
当店ではとても人気な野菜シリーズが入荷です。

手前からレンコン、キノコ、そらまめ、だいこん、ゆずにカブです。

この狭い領域に緻密な野菜を描ける睦さんの集中力が羨ましい限りです。


このほかにも私が使っているお箸も入荷しております。

購入から1年半。

いまだ、買った時のまんま!

これだけ素晴らしい漆のお箸に出会ったコトがありません。

そのうえ、塗り直しも対応していただけるので、

お気に入りのお箸が本当に永く使えるのです。

よい道具に巡り会うと使う度に嬉しくなります。

これから秋田は雪になり、

外に出るのは億劫になりがちですが、

様々な場所で色んなモノを見て、

ステキな暮らしの道具に出会える様に願っております。









お箸には『夢を積む』が込められております。











20131107

楢岡焼

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

楢岡陶苑さんに、

お願いしておりました白海鼠釉の片口が出来てまりました。
2013nk.jpg

秋口から秋田県内の各酒蔵さんでは、

美味しそうな日本酒の新商品がたくさん出ていますね。

どれを買おうか悩んで、ワインなんぞワタクシ最近買っていますが、

コレは、ワインのデキャンタにも使えますよ。




2013nkz.jpg
掛け分けの小判皿も作っていただきました。

酒のあてをちょっと2、3品のせるのにぴったり。

和菓子やガッコには、間違いなく重宝致します。

小皿は、たくさん溜まるのよね~と言う方は結構いらっしゃいますが

この楕円のサイズは小さくて、とても使いやすいです。




鉄白海鼠釉の大ぐいのみも入荷しております。
2013nrg.jpg
ひとつ、ひとつ見事に表情が違います。

これからお酒の美味しい季節です。

くれぐれも美味しいお酒でとどめておいてくださいね。





先日、ワインのソムリエさんが「ワインは料理の引き立て役に過ぎません」と

おしゃっておりました。

うつわも、そう。

いいうつわを使ったからといって劇的に味が変化するわけではありません。

けれども、

こだわって選んだうつわに盛り付ける料理に精を出さない訳はございませんし、

こだわりの酒器に注ぐ酒がまずい訳はないのです。
2013ns.jpg











うつわには『味の意味』が込められています。









20131105

オーダー miNcaえぷろん

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

初めてのmiNcaえぷろんフルミニタイプのオーダーをいただきました。

タイのスモーキーブルーのストーンウォッシュ生地に

ラオスのオーガニックコットン(手紡ぎ・手織り)のポケットでのオーダーでした。

met18.jpg
受け取りに来ていただいた時のお洋服とバッチリ合っていたので、

着用写真を撮らせてもらいました。

この何とも言えない触り心地と生地感を気に入ってくれたお客様。

miNcaえぷろん刺繍もぜひ入れて下さいとの嬉しい声にも即対応。

met19.jpg

ご職業は、保育士さんとの事でしたので、

職場で使ってもらえるものとばかり思っていましたが、

「もったいなくて仕事では使えません、まずは自宅で」と、笑顔で。

この生地は、使い込むと本当に使う人に馴染みます。

ご自分の「味」を料理に家事にと共にお使い下さいね。

ありがとうございました。










オーダーには『個性』が込められています。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。