20130730

人から人へ

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

先月、一人掛け用ソファの張替えをお願いされました。

とても古いけど、しっかりしたフレームでした。

daiiti1.jpg

このような低めの安楽出来る古いソファを自分も探していますが、

なかなか出会うコトがありません。

daiiti2.jpg

北欧家具のデザインに似ていますが、福島県の家具屋さんが作ったモノ。

裏に社名のプレートがありました。

営業マン時代に何度かお世話になったコトがある会社でした。

daiiti3.jpg

daiiti4.jpg

遠目には、まだまだ使えそうですが角の一番触れる場所は限界でした。

生地自体が古く、触れるとボロボロとなる感じです。

ご注文頂いたのは私よりも若い男性でした。

捨てるか、使うかを悩みに悩んで2脚張替えを頼んでいただきました。

このような古いソファを探してきて大事に使っているのを聞くと

何だかとても嬉しいキモチになります。



中古家具は、誰が使ったモノかわからないと敬遠されがちですが、

自分の変わりに何十年も育ててもらったと私は考えます。

キズもあれば、シミもある、けれどそれは人様のお役に立った証。



家具は飾るモノではありません。とことんまで使うモノ。

自分の一部の様に、安心して体を預け、時と共に手をかけていく。

そうすれば、どんどん自分のモノに、

どんどん家族の一員の様に暮らしに溶け込み、無くてはならないモノになっていきます。



時間はかかりましたが、その分とってもキレイに仕上がりました。

daiiti5.jpg

座り心地が断然良くなりました。

daiiti6.jpg

張り地は奮発していただき、グレードの高い生地を選んでいただきました。

オレンジとブラウンを選ぶセンス、見習わなければいけません。

お客様にお返しするのが嫌になるくらいに、気に入ってしまいました。

daiiti7.jpg

これからは、ご自分の暮らしにもっと密着したソファになるコトを願っています。

ありがとうございました。




張替え後に職人さんとお話ししたコトを少し書かせてもらいます。

張り地を剥がした時、フレームに隠れるように56年前の製作年月日があったそうです。

お願いしている職人さんは還暦をとうに過ぎ、もうそろそろ引退を僕にほのめかすのですが、

この職人さん曰く、

「30歳で作ったとしても、今は86歳。40歳なら96歳だ。もう生きてないべな。」

56年前に作られたこのソファを自分が張り替える喜びを語ってくれました。

後継ぎのいらっしゃらない職人さんは、

「いい仕事をずっと続けていると、こうして良いモノを作った職人さんに出会える、

そして、その仕事に自分が手を加えるこの仕事は、なかなかやめられねぇんだよな~。

あなたが作った56年後に私が張替えしてますよって言いたくてプレートの電話番号に

電話したんだけど、つながらねんだー。」

そう、私が営業マンだった頃に倒産してしまったのです。

それを伝えるとがっかりしてましたが、

「羨ましい仕事です!僕にその技があるなら替りたいです。」と言うと

「俺はいい仕事してるから、こうやって巡り巡ってくるんだ、

おめはそれを届ける役目なんだから、それに今からじゃ俺の域に達するのは無理無理。」

と、軽くあしらわれてしまいました。

けど、まだまだこの仕事を辞める気はないなと、シメシメと思っております♪











家具には『職人さん』が込められています。









20130729

日本カップ酒紀行

[カテゴリ:カップ酒]
[コメント:]

なかなか更新できずにいました日本カップ酒紀行。

今回は大量に集まりましたよ。

いやいや、お客様に集めてもらいました、です。

5名のお客様からでした。



弘前市、六花酒造株式会社のじょっぱりカップ。
2013729-1.jpg
じょっぱりの意味がわからなかったので、

下記、六花酒造さんのHPから引用しました。
じょっぱりとは、津軽弁で「意地っ張り」「頑固者」を意味する言葉。
その由来は、淡麗辛口というじょっぱりの味わいそのものにあります。
じょっぱりが生まれたのは昭和40年代。当時の東北の地酒は、
濃厚で甘口な味わいの酒が主流でした。
そんな世間の流れに背を向けて、どこの酒にも似ていない、
六花酒造ならではの酒を造りたいという、意地っ張りで頑固な想いから生まれたのが、
辛口の酒、じょっぱりだったのです。


こちらはじょっぱりの本醸造。
2013729-12.jpg
赤ダルマと言えばじょっぱり、じょっぱりと言えば赤ダルマ。
この二つは今や、切っても切り離せない関係です。


なるほど、この二つのじょっぱりの頑固なこだわりは、飲み干してやらねば。



こちらも六花酒造株式会社の吟醸酒、オリジナルカップAOMORI。
2013729-2.jpg
最近、本当に吟醸酒カップが増えてきました。

きっと辛口且つフルーティな吟醸酒は冷やしていただこうと思っております。

楽しみ。


青森県、八戸酒類株式会社五戸工場の如空。
2013729-3.jpg
ただの色違いかなと最初は思ったのですが、

赤が銀撰で、青が金撰で

こちらは如空の徳利タイプです。
2013729-14-1.jpg
この3種類の味比べが楽しみです。



青森県、桃山株式会社のフラワーカップ桜です。
2013729-4.jpg
ガラスがほんのちょっぴり桜色になっています。

フラワーカップ(桜)となっているので、

これは季節で何種類かあるのではと思っています。

真相はどうかは、まずグイっと呑んでから考えます。

こちらも桃川さんの清酒桃川上撰。
2013729-13.jpg



岩手県一関市、両磐酒造株式会社の上撰関山。
2013729-5.jpg
日本百景のげいび渓がプリントされています。

観光名所の柄が一番好きだったりします、この色使いも店主好みです。

げいび渓の流れる川の如く、喉に流し込みたいと思います。



青森県むつ市、有限会社関の井酒造の関の井上撰。
2013729-6.jpg
この花はなんでしょうか?

むつ市の花に制定されているのは「はまなす」だそうです。

よく見れば似ていますが、今日の私は花よりお酒です。


岩手県久慈市、株式会社福来の清酒上撰福来。
2013729-7.jpg
なぜ、サッカー柄なのか?

この子が蹴ったボールは、ゴールネットを突き破り飛んでいる鳥に当たるという

複雑なストーリーになっています。

果たして、これを飲み干す間に答えを導き出せるかは、今のところわかりません。

幸せを呼ぶ酒、福来。答えと同時に幸せも呼び寄せるはず。



今回は弘前市の六花酒造さんのカップ酒が多いです。

こちらは、特別純米酒たか丸くんカップ。
2013729-8.jpg
巷ではゆるキャラが人気ですが、くまモンに続き、たか丸くんも出来たみたいです。

弘前城築城400年祭のマスコットキャラクター。

裏にプロフィールが書いてありました。

好きな色/白(城)だそうです。

こういうゆるい感じが親しみやすいのでしょうね。



青森県八戸市、八戸酒造株式会社の陸奥男山金撰と陸奥男山。
2013729-9.jpg
安永4年(1775)創業の青森の酒。

初の男山を堪能したいと思います。



八戸酒類さんの金撰湊八戸蔵物語。
2013729-11.jpg
熱燗でいきたいと思います。



青森県、株式会社菊駒酒造の上撰菊駒。
2013729-15.jpg
駒の躍動感伝わるデザインです。

まわりをかたどる丸はやはり菊でした。




最後は、黒部ダムに行かれたお客様から。

長野県大町市、株式会社市野屋商店の金蘭黒部。
2013729-10.jpg
黒部ダムが描かれております。

黒部ダムの近くまでは行ったのに、寄らなかった黒部ダム。

いつか行きたい黒部ダム。

まずはこれをご馳走になって、行った気分を味わいます。









日本カップ酒紀行には『行ったつもり』が込められています。









20130728

漆花 sicca

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

sicca rogo

去年より販売しました、miNcaオリジナル大曲の花火商品『漆花sicca』。

花火当日だけではなく、冬でも春でも大曲のちょっといいお土産として

皆様にご贔屓いただけるようになってきました。



漆花siccaは、3種類のお箸の展開となっております。

■型物katamono  3,150円
 
■牡丹botan  4,200円
 
■錦冠nisikikamuro   5,250円

□漆/浄法寺産漆  素地の種類/マラス、鉄木
□制作・デザイン 夢積工房
□企画・販売  miNca
※漆の塗り直し(有料)対応致します


今年は、「牡丹botan」に新色が加わります。

製作いただいている漆作家の髙橋睦さんに試作品を作ってもらいながら、

幾度と打ち合わせをして、

一目で花火とわからなくてもいい絵柄とポップな色使いで決定しました。

2013botan.jpg
贈り物に大変喜ばれておりますが、

miNcaとしてはご自分用にご購入いただけるのが一番嬉しかったりします。

自分にも言えることなのですが、

いつ使うかわからないモノにお金をかける時があります。

そう思って買った物は、本当に出番が少ないです。

毎日使うものにこそ、良いモノをお使いいただきたいのです。



たくさんのご要望があった「型物katamono」のお箸の長さ。

今季は長いタイプを製作致しました。
2013katamono.jpg
やはりお客様の声というのは大切でございます、

早速ではございますが、在庫が底をつきそうです。

ご来店いただいて欠品の場合は、ご注文承りますのでお気軽にお声掛け下さい。




各所で花火大会がこれからたくさんございます。

今年の花火を目一杯楽しみましょう。









漆花には『使う楽しみ』が込められています。









20130727

miNca えぷろん

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

掌-tanagocoro- 第三弾 miNcaえぷろん


アフリカンバティックのサロンタイプとカフェエプロンが入荷です。

販売始めは、この大柄と色使いですからなかなか皆様に浸透しない

このアフリカンバティックでした。

ですが、徐々に販売数量も増えてきております。 →『以前の入荷情報

mes59.jpgmes60.jpg

mes61.jpgmes62.jpg

mes63.jpgmes64.jpg

mes65.jpgmes66.jpg

mes67.jpgmes68.jpg



カフェタイプは、私の義妹も着用してくれています。

いつもの台所に鮮やかなアフリカンバティックを身に付けた姿を見つけると

見ている方も新鮮なキモチになります。
mek23.jpgmek24.jpg

mek25.jpgmek26.jpg

mek27.jpgmek28.jpg

mek29.jpgmek30.jpg



久しぶりにギャルソンタイプも一枚入荷となりました。

タイの草木染め(黄縞)の手織りの生地になります。
meg40.jpgmeg41.jpg

やわらかく、とても手にも暮らしにも馴染むえぷろんです。
meg42.jpg


8月中旬には、新しいタイプのmiNcaえぷろんが出来上がってくる予定です。

今まで作ってきた中で、お客様からのご要望も取り入れたカタチになります。

色々な生活シーンで使い分けいただければと思っております。

お楽しみに。






miNcaえぷろんには『大曲発信』が込められています。








20130725

秋田杉桶樽

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

春からの農作業も落ち着き、清水康孝さんより桶が届きました。

→『箍を外す

pail10.jpg
へぎ目の盛り器とへぎ重3段。

pail7.jpg
オーバル桶。

この夏、氷をたっぷり入れてワインク—ラーにどうでしょうか。


pail11.jpg
へぎ目の花器も久しぶりの入荷です。

同じへぎ目は一つと出ない清水さんの傑作。

とても人気がございます。


pail12.jpg
こちらも当店ではとても人気の桶のコップ。

3サイズの展開です。

暮らしに合うサイズをお選び下さい。

欠品時は製作にお時間がかかりますのでお早めにどうぞ。







桶には『台所』が込められています。








20130724

なつやすみ

[カテゴリ:個人的なこと]
[コメント:]

先日、お父さんと一緒に来てくれたご姉妹。

小学二年生のお姉ちゃんに「夏休みはいつからですか?」と聞いた。

「明日から!」

とってもいい笑顔で教えてくれました。



長い冬の間は、とても待ち遠しい夏。

きたらきたで、どこか寂しくもなる夏。


なつやすみ。

いつからかこの言葉も意識しなくなった。


ギラッギラッの日射しと朝っぱらから鳴り止まない蝉の声。

首からぶら下げたラジオ体操のカード。

毎日ばあちゃんと昼ごはんを食べて、

意味もなく都会から来た友達の親戚(可愛い女の子)を見に行く。

とにかく遊びたいから、毎日学校のプールに通って、無駄に泳ぎがうまくなる。

高校生になると、まったく予定などないから

照りつける太陽に促されるように外に出る。

そんな時に限って、必ず夕立ちでずぶ濡れでチャリをこぐのです。

成人してからは、まとまった休みなどない仕事(バイト)しかやった事がないので

夜な夜な、

夏に盛り上がっているキモチを発散する術も知らずに街に繰り出すのです。

何やりたいんだろう?ってキモチがプラスされてアパートに戻るのが関の山。

いくつになっても夏が来ると、繰り返す無駄なキモチの上昇。

何かのやる気はあるけど、

その何かを見つけられずに過ごした自分の夏休み。

結婚してからはどんどんこんなキモチも無くなってきて、

調子こいてチャリこぐ高校生を見ても、何も感じなくなり、

「若かった」などと一言で終わらそうとしている自分がいる。


夏に対する期待感なんて

スイカ食って、汗かいて、扇風機に蚊取り線香、たまにアイスの当たり棒で終わり。



でも、

まだまだこんな事を書ける33才の夏休みに期待して、

まずは明日から毎日ブログ更新を頑張ります。

忙しいを理由にサボってごめんなさいでした。






なつやすみには『あの頃の何か』が込められています。







20130707

佐藤の素材あるき2 無事終了

[カテゴリ:佐藤の素材あるき]
[コメント:]

この日は、もぎたてにこだわり、

早朝から細川さんと一緒に店主佐藤もさくらんぼを収穫してきました。
satousozai2-1.jpg

satousozai2-2.jpg
初めての体験でしたが朝の眠気も何のその、

フレッシュなさくらんぼを頬張りながら一日の英気を養いました。




あいにくの雨の中、

お越しいただいたお客様には大変感謝しております。

ありがとうございました。
satousozai2-3.jpg
おかげさまで、細川さんの3種類のさくらんぼは2時には完売。

ご自分で制作してきたさくらんぼの

のぼりは設置する前に行列になっていました。


satousozai2-4.jpg
スイーツの空の木Gardenさんは、

サクランボのチーズタルトとシュークリームを朝早くから作って

秋田市からお持ちいただきました。

こちらは昼を待たずして完売。

この日の限定ではもったいない!とお客様は感じたと思いますが

佐藤もそう思ったのは間違いございません。

素材の味をそのまま生かした、美味しい美味しいスイーツでした。



そして、初の試み「佐藤の素材あそび」ですが・・・

準備完了となった時には時遅し。

お客様がいない!
satousozai2-8.jpg
見かねた空の木Gardenさんがお相手してくれました。(ありがたやありがたや)

その甲斐もあり、やっとお客様が!
satousozai2-5.jpg
非常に白熱した4人でのバトルとなりました。

お客様も佐藤も楽しめた、素材遊びになったと思います。



あっという間の、第二回佐藤の素材あるき。

豪雨の中、テントを立てている時には、

「誰も来ないんじゃないか?」という不安でいっぱいでしたが、

何とか小雨になり、今回も大盛況で無事に終了する事が出来ました。

satousozai2-6.jpg
妊娠中の奥様と汗を流して販売してくれた細川さん夫妻、

遠くからお越し頂いた空の木Gardenさん、

さくらんぼに会いに来てくれたお客様、

そして、チラシと素材新聞を手掛けてくれた澁谷デザイン事務所の澁谷さん、

ひとつの素材を通して皆さんがつながるコトが出来たと思います。

また、「ココで、つながる。」を強く感じたmiNca2周年でもありました。

3年目を迎えるにふさわしい、人と人との新しい出会いとつながりに感謝です。

ありがとうございました。




そうです、

忘れてはいけない、佐藤の素材新聞。

miNca店頭でのみ、大切に手渡ししておりますのでお持ち下さい。

satousozai2-7.jpg
ぜひ、実家が農家なのに就農していない若者に読んで欲しいと思います。














今回の素材には『親子の想い』が込められていました。












20130701

祐さん家のさくらんぼ

[カテゴリ:佐藤の素材あるき]
[コメント:]

7月6日(土)11:00~開催!第二回 佐藤の素材あるき

sozai2.jpg

横手市十文字町の細川さんが生産している、

かわいい小さい素材、さくらんぼに会ってきました。 →『先日のブログ

sozai2-ura.jpg

旬の真っ只中、

真っ直ぐに素直に素材に向き合っている細川親子。

わたくし佐藤が、見て聞いて、触れて食して感じてまいりました。

お越しいただける方は、

素材だけの美味しさだけではなく、

どんな人が、

どんな想いで、作っているかも知って欲しい、

当日発行の佐藤の素材新聞を読みながら、

丹精込めて作られた、この日早朝もぎたての新鮮なさくらんぼを

じっくりしっかり味わってみてください。
cherry1.jpg



そして、この素材があるから出来ました。

秋田市の空の木Gardenさんが特別に、

細川さんのさくらんぼを使ったオリジナルスイーツも販売してくれます。

soranokigarden1.jpg
サクランボのチーズタルト。

soranokigarden2.jpg
サクランボシュークリーム。

素材の美味しさをそのままに、さらに手間ひまをかけて作ってきていただけます。

数量限定ですのでお早めに。これは佐藤も買わずにはいられない。



今が旬のさくらんぼを佐藤と一緒に楽しみましょう。










佐藤の素材あるきには『発見』が込められています。