------

[カテゴリ:スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130528

メッツ

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

メッツ=弁当箱。

奥会津、檜枝岐(ひのえまた)ではこう呼ばれています。

現在では大変希少なネズコ(黒檜)で作られています。

yokomettu.jpg
横メッツ。

marumettu.jpg
丸メッツ。


これを見ると秋田県人なら大館の曲げわっぱを連想すると思います。

なぜ、秋田のお店なのにこれなの?と聞かれます。

ですが、店主が気に入っているとしか言い様がないのです。

素朴さ・・

ヒノキの香り・・

使い心地・・

冬の手仕事・・

クォリティで言えば大館曲げわっぱには敵わないかなと思います。

が、それを凌駕する愛おしさが垣間見えるのです。

作っている時のキズや痕。(作っている姿が目に浮かぶのです)

ぴったり収まっていない隙間。(米の水分を吸収したら埋まるんです)

生産は80を超えたおじいさんが今ではひとりです。

若い人が教えてもらっているそうですが販売までには数年かかるだろうと

おしゃっていました。


均一な生産で完璧な美しさとは違う美しさが込められている。

水田が作れない地域なのでこういった木工品を作り、売ったお金で米を買う。

そういった背景があってのモノ。

材料も貴重なので同じ価格でも高さや径が違う。

無駄にせず、今できる最高のモノを作る。

だから、これに入れた弁当が不味いわけがない。









メッツには『美味しくいただきます』が込められています。
















20130527

またたびざる

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

去年の秋に注文していたまたたびのざるが少数ながら出来上がってきました。

竹とはまたひとあじ違う、しなやかなざるです。

matatabi5.jpg

水を含むと一層やわらかく弾力性が増します。

使い勝手は間違いなく、道具としての美しさも兼ね備えています。

使い込むほどに濃い黄色に変化していくのもまた楽しみです。


昔ながらの材料と作り方。

最近では近隣の方々が「ずっと残していきたい」とまたたびざる作りを熟練者に

習い始めているとお聞きし、やっぱり「いいものは必ず残る!」と確信しています。


次回はまた一年後の入荷になります。

冬の間にちょっとずつちょっとずつ作ってもらいました。

たくさん作れるものではございませんので気になっていた方は是非!











道具には作り手さんの『暮らし』が込められています。
















20130520

くるみと山ぶどう

[カテゴリ:こだわりの感性]
[コメント:]

あたたかくなり、カゴ好きのお客様がたくさんお見えになります。

その中でも今日来てくれたお客様はいつも違うカゴをお持ちで、

私に情報と楽しさを分けてくれます。

ki1.jpg
一味アクセントのある、くるみのカゴです。

使いやすいサイズで山形県でご購入のモノだそうです。


そのカゴから出てきた山ぶどうのお財布2点。
ki2.jpg
長財布はとっても細かい編み。

ジッパーに付けているアクセサリーも山ぶどう。

このタイプが欲しくて店主も探しているのですが、

見つからないので自分で編む決意をしています。

小さいのは三つ編みに編んだ山ぶどうとくるみの皮で出来ています。

やっぱり使い込みたくなるのがカゴです。








自分だけのものには『探した甲斐』が込められています。










20130517

日本カップ酒紀行

[カテゴリ:カップ酒]
[コメント:]

またまた来ました、カップ酒。

GWに帰郷した同級生の西日本収集担当のC子さんから。
bojyou1.jpg
岐阜県郡上市、平野醸造合資会社の奥美濃カップ母情です。

bojyou2.jpg
一周ぐるっと郡上おどりと神輿を担いだ様子と唄が描かれています。

いいですねぇ~。とても良いです。

miNca割引券進呈でした。

またお願い致します。



こちらはご存知!秋田の酒。
ranman.jpgryozeki.jpg
どちらも湯沢から来ました。

秋田銘醸株式会社の爛漫と両関酒造株式会社の両関。

近場にもまだまだ未収集が眠っています。

この徳利と言いますか、お銚子タイプも収集していますのでお願い到します。

なんと言っても、

どこかへ出かける度にmiNcaを忘れないでいてくれているのが嬉しいんです。

miNca割引券進呈でした。(店主は出掛けると忘れます・・)



福島の後輩からでした。
yosinogawa.jpg
福島県喜多方市、吉の川酒造店の吉の川カップ。

レトロ感たっぷりのデザインです。

水仙でしょうか?可愛いらしいです。

SくんmiNca割引券溜まっているので取りに来てね♪



最近、ダブりのお持込みが多くなっております。

その場合、割引券の発行が出来ませんので、

ブログの「カテゴリ」の「カップ酒」をクリックしていただくと

収集したものがほぼ全て見れますのでチェックお願い致します。

ダブったものは店主のタダ酒になりますのでご注意下さい。










日本カップ酒紀行には『旅先で思い出す』が込められています。









20130514

大曲の着物事情

[カテゴリ:花火通り商店街]
[コメント:]

花火通り商店街の「和装はきもの・小物 加藤」さんで

定期的に開催している着物カフェが6月よりお着物で商店街へお出かけします。

kimonocafe.jpg

着物カフェにご参加の方がmiNcaに寄っていただく度に、

この商店街にもっと着物でお出かけの方が増えるといいなという想いから

勝手にブログに書いておりました。


お客様「大曲に来るとお着物で買い物しているのをよく見かけますね?」

店主 「いつもの光景ですよ!」


こんな会話が毎回成り立つ商店街もいいな♪



今年春からお店に来ていただいていたお客様の方々です。

kimonocafe1.jpg

kimonocafe2.jpg
レースの帯。

kimonocafe3.jpg
樺細工の下駄。

kimonocafe4.jpg
羽織の裏地も粋よ♪



kimonocafe5.jpg
40年前のお母さんの振袖の袖を切り、ご自分で裄を直したお着物でした。

kimonocafe6.jpg
良い物は、受け継がれるのが本筋です。

そして、うなじに惹かれるのは男の性です。


kimonocafe7.jpg
着物っていいなって思います。

これを好きだと感じれる自分を好きになる瞬間でもあります。

kimonocafe8.jpg
見た人に季節感を与えてくれる帯。

kimonocafe9.jpg
朱の漆塗りの下駄なんて履いているのを見ると

あ~ジャパンだなぁ~俺ジャパン好きだな~

漆いいな~足袋なんか猫だし、鼻緒の椿は刺繍っす

となる自分が好きです。

そして、加藤さんが猫が大好きなのは大曲の常識です。



kimonocafe10.jpg
古い銘仙をご自分で直した着物だそうです。

kimonocafe11.jpg
チューリップの帯です。

kimonocafe12.jpg
加藤さんで販売しているリバティプリントのつまかわ。

取り外しが出来るので雨の日や季節で柄を変えるのもいいですね。



kimonocafe16.jpg
ちょっとした雨なら平気なコートでした。

カタチがとっても可愛いのです。

kimonocafe17.jpg
THE和って感じじゃないところにセンスを感じます。

kimonocafe18.jpg
裏地はご自分の持っていた生地を使って。

kimonocafe13.jpg
古いお着物だそうですが、古いって印象は受けません。

現代に着るというコトが大事なのだと思います。

kimonocafe14.jpg
琉球花織の帯。

キレイな紫色のグラデーションでした♪

向こうは暑いので帯自体が薄手になっていますと教えられて、

触ってはみたものの「違いがわからん?」のに「そうですね」って言ってごめんなさい。

きっとmiNcaやってなかったら聞くことも見ることも触れることもない貴重なモノ。

kimonocafe15.jpg
お気づきの方もいるかもしれませんが・・

市松の着物に紫色の帯・・

市松の足袋に藤の紫色の花緒!!

さりげなく楽しむ、見ている方も気づいて楽しめるんです。


今日最後から3番目に来たお客様が言った、

「今を生きてるんだし自分が楽しくなきゃ、

他の人を楽しくなんて出来ないでしょ!」

と、僕よりずっと若い人に言われ「そうゆうコトなんだよねぇ!」なんて

先輩風吹かすあたりがmiNca店主の楽しみ方のひとつでもあります。

けどホントそのとおりで、

小さな些細な幸せに喜びを感じて暮らしていると

悩んでいることなんてたいしたコトないなんて思えてきて

明日が楽しみに、今日より楽しもうって思えます。












花火通り商店街には『きっかけ』が込められています。











20130513

硝子と琺瑯

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

WECK愛用者の皆様、お待たせ致しました。

WECKのキャニスターに合わせる木フタがついに登場しました!

アカシアを素材に使用し、シリコンパッキンも付いているので密閉可能です。
wooden_lid_01.jpg

裏にはもちろんWECKロゴが焼印で押されています。

3サイズ揃っているのも嬉しいです。
wwl.jpg



WECKの6重ガーゼタオルも入荷しております。
weck_towel.jpg
引っ掛けて置けるループもあり、軽く吸水性もあるのですぐ乾きます。

新色のネイビーチェックも人気です。





新潟県は燕市から届きました!ホーローのカトラリー。

ひとつひとつが職人による手作りです。

焼成する時に針金で吊るした跡や針金の鉄粉が付くことがありますが、

仕上げにヤスリをかけ削ります。

それらは決して不良品ではありません。

人の手の温かみがあり、また丁寧に手作りしている証拠。

二つとして同じものはありません。

それらはホーローの味わいのある良さでもあります。
tkk1.jpg
ホーローの軽量スプーン、小さじ1/2、小さじ、大さじです。


tkk2.jpg
バターナイフです。


tkk3.jpg
ミニスコップはホワイト、アイボリー、ツートンカラーの3種類です。


tkk4.jpg
ティーサーバースプーンとポット型のティーパックトレーです。


tkk5.jpg
そして、ソープディッシュになります。


いつもの暮らしが少しでもやさしく、楽しくなる。

ホーロー製品にはそんなチカラがあると僕は思います。










毎日使うものには『選んだモノ』が込められています。













20130512

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

フランスから届いた、優しい香りです。

gareo.jpg
miNcaで初取り扱いのGALEO BAR SOAPになります。

シアバターとオリーブオイルを配合し、

潤いを保ちながらやさしく洗い上げるベジタブルソープです。

さまざまな香りから自分好みの1つを見つけられます。

galeo_bar_soap.jpg
・ハネムーン:幸せに包まれるような甘い香り
・ハニーサックル:甘美なスイカズラの花の香り
・ジャスミン:うっとりするような花の香り
・レモンメレンゲ:酸味を抑えたレモンの香り
・マグネティック:皆を引き付ける優美な香り
・オリエント:東洋をイメージした神秘的な香り

梱包を開けた瞬間から、miNca店内とても良い香りに包まれています♪

個人的にはマグネティックが好きな香りでした。

石鹸愛用の方には是非おすすめしたいです。






ラルブルベールの食器用洗剤にも新フレーバーが登場です。

lv1.jpg
ライム、ミックスベリー、ローズマリーの3種類が入荷です。

少しづつではありますがリピーターの方が増えてきてくれています。

国産洗剤よりはちょっとお高目ですが、使うとわかる手肌へのやさしさと環境への配慮。

泡立ち・泡切れもよく、使い心地も十分です。

また優れた保湿性を持ち、手肌にやさしい天然保湿因子である尿素を配合しています。

水あか、石鹸カスの除去に効果があるリンゴ酸入りでシンク周りの汚れも防ぎます。


そして、ご一緒にマーナのPOCO(キッチンスポンジ)もおすすめしております。

poco.jpg

こちらは大変愛用者が増えてきています。

理由は・・吸盤付きなので受け皿がいらず、

自然に水が切れますので衛生的にお使いいただけます。

受け皿のヌメリや菌の繁殖がございませんので喜ばれております。

一度吸盤付きタイプを購入いただけると、リフィルのみ購入できます。

「吸盤は落ちるのよね・・」という方もおりますが、そこは1872年創業のマーナ。

なかなか落ちません!さすがジャパン製です。

スポンジも3層構造ですので泡立ち、耐久性、機能性に優れています。













キレイにするには『気持ち良さ』が込められています。














20130510

夏カゴ

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

今日は暑いくらいでしたね、

半袖のお客様もいらっしゃいました。



サイザルの横長タイプのトートバッグが入荷となりました。

saizaru1.jpg


大きめのマルシェカゴやストローカゴ(横長)も入荷しております。

mk89.jpg

ストローカゴは実際見ると思っている以上に大きいです。

sutoro.jpg









夏には『思い出』が込められています。














20130505

たざわこクラフト市

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

5/3、4と「たざわこクラフト市」に参加してきました。

とても寒いなかたくさんのお客様のご来場がありました。

2013tazawako1.jpg

2013tazawako.jpg

2013tazawako2.jpg

2013tazawako3.jpg

2013tazawako4.jpg

たまにお店を離れての新鮮なキモチでした。

お店にも来てくれているお客様にもお会い出来たり、

新たにmiNcaを知っていただけたりと充実した時間でした。

たざわこクラフト市実行委員の皆様、お疲れ様でした。



本日、島根県よりうつわが届きました。

syussai.jpg
出西窯。

moriyama.jpg
森山窯。

yumati.jpg
湯町窯。

お待たせ致しました、久しぶりの入荷です。

暮らしに馴染むうつわを厳選しました。










たざわこクラフト市には『手作り』が込められています。










20130501

民家ふきん

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

大曲の手縫い、民家ふきんに未晒が新登場です。

とってもやわらかいふきんに仕上がりました。

mh17.jpg

綿花の殻が点々と微かに残っているのが本当の生成り木綿だけの特徴です。

この生成り木綿を漂白して晒したものが和泉晒になるというわけです。

今までの民家ふきん同様に、未晒も丁寧に手縫いでチクチクしています。

mh16.jpg

真っ白の和泉晒も良いですが、

綿本来の柔らかさが実感できる未晒(アイボリー色)も宜しくお願い致します。



贈り物に民家ふきんの化粧箱もご準備しております、

2枚入りになりますのでお好きな色2枚を選んでお申し付け下さい。









民家ふきんには『やわらかい』が込められています。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。