------

[カテゴリ:スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120731

ミルクパン

[カテゴリ:一周年企画 第❸弾]
[コメント:]

明日の日替わりお買い得品はこちらです。
=?utf-8?B?77+9QjxMPz-vv71CLkpQRw==?= 22-00-04
大澤琺瑯製作所のミルクパン!

¥2,205の25%OFFです。

2個のみ。

20120730

小箒

[カテゴリ:一周年企画 第❸弾]
[コメント:]

明日の日替わりお買い得品はこちらです。
toti.jpg
栃木県の小箒です。

¥1,785 → ¥1,160 限定4本


20120729

沢胡桃

[カテゴリ:一周年企画 第❸弾]
[コメント:]

明日の日替わりお買い得品はこちらです。
くるみ
岩手県の沢胡桃のカゴバック。

¥11,000です。

サイズはW290*D110*H20(持ち手含む310cm)。

お早目にどうぞ!



20120728

天童木工

[カテゴリ:一周年企画 第❸弾]
[コメント:]

明日の日替わりお買い得品はこちら!

天童木工のチェアです。
小椅子
商品名:S-0507NA-ST 1954年発表
製造国:JAPAN 山形県天童市
メーカー:天童木工
DESIGN:水之江忠臣
仕様:背/座・ナラ板目、脚・ホワイトビーチ
※グッドデザイン賞受賞

~図書館の閲覧用としてデザインされたこのイスは、

商品化までに100を超える試作品がつくられました。

「デザイナーは一生にひとつ、

本当に良いのが残せたらそれで良い」と語っていた氏は、

まるでライフワークのように少しずつ、

何度にもわたって、このイスのリ・デザインを重ねていきました。

一分のムダもないデザインと部材。

シンプルであることは美しいことである。~カタログより引用


とっても座りやすいイスです。

この機会に是非。

展示品につき¥29,400 → ¥26,460
S-0507_bannar.jpg






20120727

土屋館わいわい広場

[カテゴリ:花火通り商店街]
[コメント:]

明日はこちらに出店します!!

ですので15時頃まではお店が開いていませんので

宜しくお願い致します。

今回はホコ天ですので、お子様連れで遊びに来て下さい!!
waiwai1.jpg
waiwai - コピー

そして、明日の日替わりお買い得品(一周年企画第❸弾)はこちら♪
noda.jpg
野田琺瑯が20%OFFです!(展示品につき在庫限り)

28日のこの日限りです。

土屋館わいわい広場でお待ちしております。





20120727

MIKADO

[カテゴリ:一周年企画 第❸弾]
[コメント:]

本日より【miNca一周年 特別企画第❸弾】が始まります!

日替わりお買い得品10%~50%OFF 7/27~8/19

本日から終了までこの北欧家具が25%OFFから始めます!(1脚限り)
pi.jpg
商品名:MIKADO
製造国:DENMARK
メーカー:FREDERICIA社
DESIGN:ヨハネス・フォアソム&ピーターヨート・ロランセン
仕様:ビーチ材、ウレタン塗装

展示品につき¥67,200 → ¥50,400

買うなら今です。



20120725

楢岡焼

[カテゴリ:入荷情報]
[コメント:]

お客様より特注頂いておりました楢岡焼が出来上がってきました。

切立片口(細身型)です。
kittati.jpg
お茶のサーバーとしてのご注文でした。

細身なので持ちやすく、この時期ならそばつゆもイケます。

ドレッシングにも使いやすいです。

酒器はもちろん、調理道具としてもご利用出来ます。

papan.jpg
欠品していましたパン皿も入荷です。
(3色パン皿は早々に完売してしまいました、お待ちを・・)

こちらのパン皿の色んな利用方法を先月教えて頂きました!(下記のイベントにて)





先月、秋田ふるさと村の「~デザインで暮らしを豊かに~食×あきた×器」という

トークイベントに出させてもらいました。

伝統工芸品を現代の暮らしにどう取り入れていくかを話しました。
トークショー0624 015
※左より、たなかのりこさん(フードコーディネーター)
 高堂路子さん(料理研究家)
 躑躅森祐子さん(沈金師)

どうしても「伝統工芸品=高級」というイメージがついていますが

高堂さんの普段の利用方法や実演にて、逆に勉強になることが

たくさんありました。

躑躅森さんの作る側からのお話しも、色んな想いを持って製作し

どう使って欲しいまで伝統を壊さずに柔軟に対応しているんだなと

大変売る側として有難い貴重なお話しばかりでした。

自分が高級なイメージをお客様に持たせているのでは?とも感じました。

詳しくは今月号のDPRESSに、たなかのりこさんの「おいしい話」で

書いてありますので、見つけたら是非読んでみて下さい!


作る人、売る人、買う人の共通は誰しもが「使う人」であるコト。

様々に環境や想いはあれど、

普段の生活には誰だって潤いや幸せは望んでいいし

高いから使わずにしまっておくなんてルールも無い。

売る側として、使う事で小さな喜びをほんの少しでも感じてもらえる事ができ

暮らしに必要不可欠までいかずとも、あなたに必要であれば

使われた相手はあなたのその心を感じ取るコトが出来ると信じています。

伝統とは守り続ける人と使う人の心が調和しているからこそ

どんな世でも大切に残るモノであると思いたい。




暮らしには『伝統』が込められています。




20120723

ジャム

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

昔、ばあちゃんがトマトのジャムを作ってくれた事がありました。

トマト嫌いが直り、トマトジュースも飲める様になり有難いです。

皆様もそんな家庭のジャムがきっとあると思います。

今では色んな種類のジャムを目にしますが、

自分は人ん家のジャムが好きです。

イチゴやブルーベリーを筆頭に

桑の実だったり、いちじくだったり

リンゴ、オレンジ・・・と家庭の買えない味が好きです。

甘すぎたり、酸味が強かったりが最高に美味しいって思うんです。

お金では買えない、その時の味が凝縮しています。

そして、あまりメジャーではないジャムも好きです。

サルナシとかルバーブとか

それと最近気になったのは美郷町の『Yamanoe』さんで見たフサスグリ!
mi.jpg
この酸味を生かしたジャムを食べてみたいです。

良く採って食べた記憶がありますが、最近は見なくなったような気がします。

今度見つけたら作りたいと思います!!


季節毎にさまざまな種類の手作りジャムが食卓に並ぶ。
br_ma.jpgそれら食材が、山から野から畑から採れるのであれば言う事なしです。

子供にも安心して食べてもらえるし、母の味もずっと記憶に残ります。

ジャムの具材で季節がわかるのも良いですね。

どんなジャムもすぐに買えてしまえますが、ひと手間かけた手作りの味は

どんなジャムより『愛』が込められています。




20120722

日本ワンカップ紀行

[カテゴリ:カップ酒]
[コメント:]

またまた集まりましたワンカップ!
=?utf-8?B?77+9QjxMPz-vv71CLkpQRw==?=-4
青森からです♪

左より菊駒、五戸町の菊駒酒造文字通り菊と馬(駒)です。

鳩正宗はワンカップでありながら純米吟醸!初めて見ました。


こちらは地元秋田でも老舗中の老舗、福禄寿。

江戸元禄元年(1688年)五城目町で創業です。
=?utf-8?B?77+9QjxMPz-vv71CLkpQRw==?=-2
嬉しい200ml♪


最後は、木曽から!

長野県七笑酒造の七笑。
=?utf-8?B?77+9QjxMPz-vv71CLkpQRw==?=-3
初の木曽の酒。有り難いです!!


日本ワンカップ紀行、お店に居ながら集まり

その晩はその地に行った様に酔える素晴らしい企画(自分にとって)。

お客様のおかげで成り立っておりますのでとても感謝しております!

自己満足ですがある程度溜まったらさりげなく展示したいです。



ワンカップには『大きな夢』が込められています。




20120721

浴衣と日傘

[カテゴリ:店日記]
[コメント:]

子供達は今日から夏休み。

店の前を通る子達の元気のよい事。

夏です。

そうです、浴衣です。
k6.jpg
今日は浴衣で来てくれましたよ!

着物姿しか見た事がなかったので新鮮。

下駄は漆に椿の刺繍の鼻緒。
k7.jpg
そして、夏場の必需品、日傘。
k8.jpg
持ち手が長く、傘は小さめ。

とってもオシャレな日傘でした。

けど、しっかり顔はガード。
k9.jpg
帰る姿はとっても可愛らしいでした。

次回は皆様もお楽しみに♪



浴衣には『夏』が込められています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。