20130520

くるみと山ぶどう

[コメント:]

あたたかくなり、カゴ好きのお客様がたくさんお見えになります。

その中でも今日来てくれたお客様はいつも違うカゴをお持ちで、

私に情報と楽しさを分けてくれます。

ki1.jpg
一味アクセントのある、くるみのカゴです。

使いやすいサイズで山形県でご購入のモノだそうです。


そのカゴから出てきた山ぶどうのお財布2点。
ki2.jpg
長財布はとっても細かい編み。

ジッパーに付けているアクセサリーも山ぶどう。

このタイプが欲しくて店主も探しているのですが、

見つからないので自分で編む決意をしています。

小さいのは三つ編みに編んだ山ぶどうとくるみの皮で出来ています。

やっぱり使い込みたくなるのがカゴです。








自分だけのものには『探した甲斐』が込められています。










20130415

山ぶどう

[コメント:]

帰り際に助手席に置いてあるのを見つけてしまいました、

お客様こだわりの逸品。

yamabudouotoko1.jpg

はい、そうなんです。

山ぶどうのバッグなのです!

自分よりも若い男性なのですが、この山ぶどうにはやられてしまいました。

内側とマチには柿渋染めときています。

末恐ろしいです、このセンス。

yamabudouotoko2.jpg

これはとても格好が良く一生モノです。

あまりにもステキだったもので触れたら怒られてしまいました。

飽き足らず2回も触って怒られるほど、いいんです!

唯一無二のオーダー山ぶどう。

お客様のバッグなのにこちらも嬉しくなるそんなバッグでした。

ありがとうございました。




それは、それは、

やさしいやさしい、

この顔にそっくりなお客様でした。
yamabudouotoko3.jpg








手仕事には『想い』が込められています。